プロ並みデザインのホームページは誰でもでも作れるその秘訣を公開

最強タッグがあなたをバックアップします

Wordpress
Elementor

今、多くの人がホームページを作ることに夢中です。これまで以上にホームページを持つことに一つの希望を持っています。これは決して大げさな話ではありません。今人気があある理由は大きく3つあります。

今、低コストで、プロ並みのデザインのホームページを、社長自身がつくれると言ったら、あなたは信じますか?これからお話するのは、「誰もプロなものデザインのホームページが作れる」という話です。

この3つはインターネット、特にネットビジネスを扱っているブログやWeb制作会社の記事でも多く語られていることです。詳細に興味がある方は、そちらを参考に指定ください。ここでお話したいのは、ホームページの作り方において、あなたがホームページを得ることで成果を得るホームページの話なので・・・・・

簡単に、そして、わかりやすく、シンプルに取れえてもらうために概略をお話すれば、

社会の変化

これまでの社会、特にお金儲けの視点でいえば、「いい大学に入り、大手企業に就職をする」ということで人生安泰ということを親も子もそう考えていました。そうして有名大学に入学し、大企業に入社し、「一安心」と・・・私は還暦です。そうした傾向を実際に体験してきました、自分でも、子供にも。ですが、一つ、私の時代と子供の時代では、異なることがあります。それは終身雇用が当然だと考えていたことが当たり前ではなくなってきているということです。

「早期退職の募集」「急なリストラ」あるいは、「急な倒産」もすでに現実になってきています。現実の話ですが、私自身、早期退職制度を使って、25年務めた会社を辞めました。早期退職って、実際にやってみるとわかるのですが、退職先をあっせんされることもなく、退職金に至っては、驚くような金額です(私の場合、通常の2倍が早期退職の条件でしたが、退職金額は、300万円に届かない額でした。)山陽新幹線の徳山駅で降りたら、真っ先に目に飛び込んでくる地元では大手の化学会社でもそんな状況があるのです。

早期退職するには、お金だけでなく理由があるわけですから一概に金額だけの話ではありません。しかし、リストラや倒産となると早期退職予知吉備路委現実が待っています。

また、会社を辞めないとしても、「副業」をあっせんする有名企業も出てきています。つまり、給料で足りない分は「自分で稼いでください」という状況です。

言いたいのは、小さなことから必死で勉強にかじりついて、希望通りの大学へ進学、有名企業に就職しても、高度成長期と呼ばれた時とは、状況は異なり、「安泰」の文字はどこにもないということです。勉強に熱心は親は、小学校から有名私立(多分6歳から英才教育)、大学を卒業するまで(今、企業は大卒はなく修士を採用する傾向にあるので・・・24歳かな)この間、約16年机にしがみついて、友達と競争して、塾へ通い・・・その努力も時間も費用も波大抵のものではないはずです。しかし、今の社会の現実は、それに見合うものがどれだけあるのか?

医者や弁護士やその他、サラリーマン以外のことは詳しくはありませんが、「安泰」という状況はないように思います。

生活パターンの変化

社会の変化がある以上、生活のパターンは変化します。少ない収入に合わせた生活はもちろんです。ですが、社会の変化はそれ以上に早く変化しているのが2020年からの「コロナ禍」という状況にあります。外出規制、テレワーク、県外への移動、旅行の制限などなど、「基本に家から出ない」政策が実施されました。さらに、お店の開業についても制約がかけられるのです。海外との商談もできないということまで・・・個人だけでなく、中小の経営、大手企業にも影響が出るほどの社会現象が私たちを取り巻いている生活環境になってきました。2021年春、まだこの状況は何も変わっていません。

当然、生活パターンを換えなければいけません。食事の用意もしーパーへ行く回数を減らし、少ない人数で、可能な限り身近時間の中で食材を買わなければいけません。マスクを着け、アルコールで手を洗い、籠の取っ手にアルコールで拭き、さらに、手袋までつけているいる人もいます。レジでは、店員と直接息が届かないようにビニールシートで遮断されています。支払いも自動精算機で行い。

仕事はテレワークで、満員電車に乗って数時間もかけて会社に行くことはなくなりました。テレビ会議で仕事をして、成果はインターネット(クラウド)を使い転送。学校では、時間割を工夫し、何かあればすぐに休校になります。

収入は減り、毎日、家の中から出られない。外に出ることができないのです。いずれにしても、今まで「自由」だと思っていたことに制約がかかり、「自由ではなくなった」ことにはストレスはたまる一方です。

ですが、ニュースでは、「○○公園の桜が満開でたくさんの人が桜を満喫している」と報道されるのです。「これならうちでも行っていいかあ?」と考えるのは至極当然の発想です

ビジネスにも同じようなことが起こっています。

貧富の意識

必死で入った大手企業にも、リストラ、早期退職者の募集、あるいは倒産という波は押し寄せています。さらに、コロナ禍という状態で、テレワークできる会社を率先してテレワークを実践しています。さらにさらに、大企業でも副業を推進しているところもあります。

テレワークと副業が可能になった今、インターネット上のごろごろしている、「副業・本業の成功者たちの声を着ない日はないでしょう。」

例えば、「ブログを書いただけで、広告収入が月商1000万円になる方法」とか
例えば、「YouTubeに動画を上げるだけで、サラリーマン時代の〇倍の収入になった」とか
例えば、「わずか10分のFX投資で、投資額が100倍になった」とか

上げればきりがないほどです。

「いつか俺もそうなりたい」「こんな短い時間でいいのなら私でもできそう」「楽しい場面を動画で配信するだけなら、俺にもできそう」って思うのは当然なのです。

そして、今も大変な状況を打破する方法と考えるのは、誰も同じです。「お金がない生活より、お金がある生活のほうが幸せに違いない」と考えることは当然なのです。貧しい制からの打破、富のある生活へ願望は誰しも持っているものです。

ざっくりまとめると、「自律し自立する」時代が目の前まで来ている

私たちの主観もたっぷり入っています。しかし、当たらずしも遠からずというところではないでしょうか?これから先に必要なのは、自律し自立すること、つまり、自分のアイデアが自分で稼ぐ能力が必要になってくるということです。その一つの方法にインターネットを活用したネットビジネスがあります。

「苦しい状況より、楽しい生活」「貧しいより、お金持ち」そのためには、これまでのような会社に頼る稼ぎ方も、肩書を気にする出世も、必要ない。社内だけの人脈も、関連会社の人との人脈も必要ないかもしれません。

まずは、「自分ならできる」という、「自律と自立の両立が必要な時代になり始めている。気が付いた人から、どんどんインターネット活用することに興味を持ち実践している。しかも、大きな成果を出している人が現実にいるのですから。

もし、あなたがこの話に興味がないなら、ここで読むことをやめて構いません。あなたの自由です。ですが、わずかでも興味があるなら、そして、ネットビジネスに強い興味があるなら、これから重要な話をします。これは私たちの経験と体験をまとめてものです。言えば一つの方法です。

プロ並みデザインのホームページも作る私たちMiMa-promotionは、

MiMa-promotionをご存じでしょうか?「知らない」という方はとても、正直な方です。

私たちは、個人でネットビジネスで起業を考えている方、あるいは、すでに起業したがネットビジネスで成果を上げられていない方にネットビジネス構築のアドバイスをする、「ネットビジネス構築アドバイザー」をさせていただいています。

私たちは、ビジネスで成果を上げるためには、コンサルタント、コーチング、あるいは、アドバイザーが必要だと考えています。それ個人であってもです。いや、個人だからこそ必要だと考えています。

多くのコンサルタントやコーチング、あるいは、アドバイザーの方は、書籍を出し、広告をして、セミナーを開いて、YouTubeなどで熱く語ります。ですが、私たちはそうしたことをしていません。というよりできません。その理由は、私たちのわずか2人で運営しています。「時間がない」のです。外注を使えるほどの資金もありません。まだまだ、学ぶことがたくさんあると考えています。

学ぶことで多くの個人でネットビジネスの方へ情報を提供できると考えています。また、多くの方が失敗する前に、私たちが失敗を下ことを経験することで、成果をだす道を見つけること。私たちは、私たちの情報を信じている方とともに成長することを願っています。そのために必要なら、書籍も出したいし、広告もしたいし、セミナーもしたいという気持ちはあります。今は、まだ、現状で手一杯です。言い訳ですけど・・・

結構忙しくしている。ということです。

ホームページはネットビジネスのコア

では、話を元に戻しましょう。

なぜ多くの方がホームページを作ることに夢中になっているのか?それは、ネットビジネスをするときの中心になる、コアになるものだからです。

ネットビジネスの代表といえるアフィリエイトでも、私たちが伝えている物販はもちろん、ホームページを必要とします。最近、「ホームページを必要としない方法」もあります。例えば、ネット広告でメールアドレスを送ってもらい、メールを使って商品を販売するメールしっかり伝えれば、成約率も高くなります。

ですが個人でこれをするには、資金が必要です。多くの広告を出さなければいけません。利益が出るほどの集客をしなければいけません。

資金をかけずに、成果を出す。しかも、長く成果を出すネットビジネスの方法が必要です。そしてその中心にあるのがホームページです。

自作と外注の差を知ろう

ホームページを作るには2つの方法があります。自作する方法と外注に出す方法です。比較をするといい話と悪い話、メリットとデメリットが必ずあります。そして、いい話には裏があり、それは悪い話にもなります。つまり、あなたあにとっていい話だけを選べばいいのです。

外注について

いい話(メリット)

    • 時間を使わなくてもいい

具体的には。1~3万円の投資で済みます。高校生の小遣いより少ないでしょう。リアルビジネスをしている人なら、この投資は驚愕というより驚く額です。外注に出すということは、すべてを任すということではないが、少なからずあなたは時間を得ることができます。この時間に何をするか?それが外注に出すことで費用対効果があることは、あなたにしかわかりません。

    • 綺麗なデザイン、自分が望むデザインにしてくれる

資金が少ないということなら、無料サービスを使うという方法もあります。無料ですから「タダ」です。0円です。ですが、成約はあります。自作すれば、そこにあるのは自由です。何も制約はありません。デザインも、内容も、自由です。ないよりあなたが求めていることではないでしょうか。

    • プロならではの表現がある

デザインにもなりますが、動きのあるホームページも期待できあます。今日思いついたこと、修正したいところがあれば、すぐに編集できます。例えば、キャンペーンのアイデアがあれば即座にホームページに掲載できます。誤字脱字を見つければ、すぐに編集できます。

    • 内容に集中できる

外注の一番のメリットは、内容に集中できるということです。デザインに悩むこともなければ、文章すら外注に出せるのです。あなたがすべきことは、「何を伝えたいか?」の1点に絞ることができます。自作であれば、それをどう表現するかレイアウトする、デザインはどうするかを考える時間が必要です。

悪い話(デメリット)

    • 資金が驚くほど

外注に出す場合どういう会社に出すのかで資金は変わります。フリーランスなら10万円~大手制作会社になれば数百万円とかなり幅広いです。そして大きな問題点は、フリーランスと大手のWeb制作には技術的な差があるということです。大手に努めていて独立したフリーランスであったとしても、フリーランスであることの技術的な劣化は仕方がないことである

    • ベースの情報はあなたからしか出さない

外注はあなたのことを知らなければホームページを作ることは出来ません。ですから、情報はあなたが整理して提出する必要があります。外注先がどこであれこれは変わりません。印刷どうよにそこにあるのは、長い長い打ち合わせと外注先が作りやすいようにするためのあなたの説得です。

    • スピードが遅い

まあ、これはむずかしい話です。競業より早くても、一つの編集に1週間かかるようでは思いついたキャンペーンも難しくなる可能性すらあります。誤字脱字も同じです。さらに重要なのは、大抵の場合、わずかな修正も費用が掛かるということです。以外と馬鹿にならない額になることが多いです。

    • 付き合っている間は管理費が必要

外注に出せば、必ず管理費が発生します。サーバー維持費ですねあなたの大切データを管理しているわけですか。さらに、退会したときにこれまでのデータが無駄になる可能性ゼロになるケースもあります。独自のデータ管理をしているので、ほかのデータへの移行ができないこともあるということです。

自作について

いい話(メリット)

    • 資金が驚くほど少ない

具体的には。1~3万円の投資で済みます。高校生の小遣いより少ないでしょう。リアルビジネスをしている人なら、この投資は驚愕というより驚く額です。

    • 制限がない

資金が少ないということなら、無料サービスを使うという方法もあります。無料ですから「タダ」です。0円です。ですが、成約はあります。自作すれば、そこにあるのは自由です。何も制約はありません。デザインも、内容も、自由です。ないよりあなたが求めていることではないでしょうか。

    • スピードが速い

今日思いついたこと、修正したいところがあれば、すぐに編集できます。例えば、キャンペーンのアイデアがあれば即座にホームページに掲載できます。誤字脱字を見つければ、すぐに編集できます。

悪い話(デメリット)

    • すべて自分でしなければいけない

自作ですから、すべてあなたがしなければいけません。デザインもレイアウトも内容もすべてです。その知識が必要になります。ですが、デザインとレイアウトはこのテキストで学べます。

    • 犯罪はいけません。

制限はありません。しかし、犯罪をしてもいいということではありません。ネットビジネスでは詐欺も少なくないのが現状です。詐欺まで行かなくても大げさすぎる表現も避けるべきです。正攻法にこそ成果を上げる秘訣があります。あなたはまずアイデアという正攻法を見つける必要があります。

    • とにかくチェックする習慣をつけなければいけない

アイデアを得るための習慣、ホームページを作る習慣、あるいは、記事を書く習慣が必要です。私たちはもう一つお伝えしたいのは、常にお客さんが何にを喜ぶのかを考える時間を持つ習慣をつけることが必要です。

あなたのネットビジネスに最適なのはどちらか?

ネットビジネスのホームページを制作する上で自作を選ぶのか、それとも外注にだすのか?そこにはメリットとデメリットがあります。いくら個人でネットビジネスをしているとhあ家、みんなが同じ状況だということはありません。ですから、どちらが自分に最適なのかをまず考える必要があります。

どちらを選んだとしても、やり直しはできます。今、いいと考える方法をまずやってみるというのも一つの考え方です。重要になるのは、どちらが、「より継続しやすいか」ということに尽きると思います。私たちは、「自作」を選んでいます。その最も大きな理由は、「自由な考え方」を情報発信していきたいからにほかなりません。確かにネットビジネスに関しては、ある程度、「当たり前」になっている部分があります。その証拠になるかどうかはわかりませんが、有名なブロガーや著名人、あるいは、人気のあるYouTuberの番組の内容に大きな違いはありません。突飛なことなどないといっていいと思います。人が変わっても、タイトルがあなたを惹き着けるものだとしても、内容は、まったく同じか、多少アレンジしたものです。

ネットビジネスをしていて一番思うのは、「自由」な発想が問われるコンサルタントやコーチング、あるいはアドバイザーという仕事には、誰よりもアイデアが必要だと思っています。そうでなければ、実際に作る「物販のネットビジネス」は金太郎あめのようになってしまう可能性があります。つまり、「どこかで見た」という印象は持たれても、「ここも白い。チェックしとこ」とはなりません。

私たちも、あなたも超がつくほどの初心者であり挑戦者です。新しい視点でネットビジネスを組み立てることが重要だと考えています。そのためには、外注に出すより自作するほうが付くrホームページを十分に活用できると考えたのです。

まあ、いずれにせよ、ホームページを作るうえで、「自作」を選ぶか、それとも、「外注」を選ぶかは、あなた次第です。もし、ここで「外注」を選ばれるなら、あなたの貴重な時間がもったいないのでここで読むkとを辞めて、外注先を探しましょう。そのほうがはるかに効率的です。

ダメなホームページを得たいなら・・・

ホームページを自作したいと考える経営者は少なくありません。そして、今、コロナ禍という状況では、これまでリアルでビジネスをしていた経営者で「インターネットは関係ない」と考えてきた方も、ホームページを作りたいと躍起になっています。その証拠になるかどうかはわかりませんが、今、Webデザイナーの募集が多くなって来ています。それだけ、多くの方がホームページを作りたいと考えているということでしょう。

その中で、あえて、「自社のホームページは社長自ら作ろう」という話をしています。あくまでも、個人でネットビジネスをするなら、外注に出すよりメリットが大きいし、継続もしやすい。おまけに個性を発揮できると考えているからにほかなりません。

ところが多くの個人経営者の方がホームページを自作することに抵抗を持っている、あるいは、最初から自分には無理だと考えてしまっている方が大勢います。その理由にはいくつかあります。最も多いのは、「作っても人が集まらない」というものではないでしょうか?ということで、なぜ、読者が興味を持たないかをいくつか紹介しておきたいと思います。題して、「ダメなホームページを得たいなら・・・」

あなたが作る自社のホームページを作る時、同じ失敗をしないために、まず、知っておくべきことです。

結局どういうホームページと思われるようでは、「ない」のと同じです。「このホームページは○○についての情報が得られる」とわかるように、構成も文章も、絵や写真も使うべきです。

目的以外の内容があるればあるほど、読者は離れていきます。

色をたくさん使えば「綺麗」に見える?いや、絵画ではありません。一番目立たせたいのは文章です。何より文章を読んで欲しいのです。なぜなら、最も効果的に伝えていことが伝わるからです。

シンプルにすればするほど、文章が目立ちます。が、個性的ではありません。個性を発揮しながら、文章を読ませるデザインは印象にも残ることが多いです。

「作って終わり」というホームページがあります。これは読者にとっては安心感を与えることもありますから一概にダメだとはいいがたいです。会社の案内やネットショップなどです。

しかし、少なくとも時間が経てば、新しい情報はあるでしょう。お知らせや新商品などまったくないというのも運営していないとみられる可能性もゼロではありません。

「ここに来れば、何か得られる」期待値は残すようにしましょう。

まあ、私も「更新しない時期」がありますから人のことは言えませんが・・・

スマホを無視したものは、今や時代遅れとしか言えません。なぜなら、今最もインターネットを活用しているのはスマホを使った人たちです。わずかな時間でもスマホを見ています(事故を起こすほどに・・・)。

スマホ対応についてはさほど難しいものではありません。WordPressw使っている人なら、自然とスマホ対応はできています。どのテーマを使っても今はレスポンシブデザインを取り入れているからです。

もちろん、確認して、調整は必要です。

パソコン、タブレット、スマホのどれをとっても解像度が上がっています。細部までくっきり見えます。ですから、もし、画像の質が悪いと目立ちます。「手抜き」と思われる可能性は大きいです。

あえて、ぼかすなどの処理をしたいのであれば、明確にぼかしましょう。中途半端なぼかしは、質が悪いのか、それともぼかしているのか読者は迷います。どちらをはっきりさせましょう。

図については、決してぼかしたりはしないように。図を使うというのは、明らかに何かを伝えるために使います(私はあまり図を使いませんが)。細部まで質を上げることに注力しましょう。また、はっきり意味が分かるものを作りましょう。

写真や図は、文章の100倍伝わるとも言われています。しかし、文章のない図は、やはり意味を理解することに時間がかかりますし、誤解を生む原因になりかねません。逆に、「100枚の図より、たった1行の言葉」とも言われています。どちらも正解だと思います。つまり使い方の問題ということです。

ネットビジネスでは文章で伝えます。文章でしかつ充てることができないといっても大げさではありません。しかし、書き方一つで勘違いされることも多いです。文章の基本は、「わかりやすさ」です。小学高学年にわかるように書くということを言われます。

文章の書き方によって、「盗用」など違法になることもゼロではありません。また、あまりに大げさな表現は、「詐欺」にもなりかねません。

今書いている内容に違法性があるかどうかは、常に意識しておく必要があります。

詐欺や盗用ではありませんが、最近のブログの記事で一番気になるのは、タイトル負けの内容です。タイトルが気にかかり、読み始めると、タイトルから想像したことが一切ない。SEOを意識したのか、単純にタイトルで集客効果を狙ったのか意図はわかりかねますが、「時価を損した」って気持ちが残ってしまいます。二度とそのサイトにはいきません。

まあ、こういう人もいる程度で理解していただければいいかなとは思いますが、文章は何より伝えることができる唯一無二の方法であることは忘れないでください。

これは私もよくやってしまうことです。反省も込めて・・・・・・

メニューや本文からのリンク(内部リンクを含め)の設定によっては、「迷子になる」ことが多いです。「えっ?」何を見ていたのだろうってことが起こります。

結果もとに戻れなくなり、「まあ、いいか?」って結果にあります。これはとても持ったないことです。だって、あなたにはまだ伝えたいことがある途中なのに、最後まで伝えきれないのですから。

迷子の回避には、リンク元のページを残すようにするという方法があります。しかし、これを多用するとタブばかりが増えてしまいます。これも迷子になってしまう可能性があります。

つまりリンクはバランスよく使うということです。決して、迷子になるからといってGoogleで悪い評価ないと思いますが、読者には悪い評価を得る原因の一つです。

あなたが気にいるホームページを得たいなら

これはとても簡単です。「ダメなホームページの逆をすること」です。簡単でしょ。これは必須の考え方です。そして、逆を考えるときにアイデアが生まれます。「失敗は成功の元」という話は、今もなおネットビジネスのコンサルタントの多くが話をしていますし、自己啓発本で有名な、あの、ナポレオン・ヒルの話にもよく出ます。

つまり、アイデアは失敗から生まれることが多いということです。もちろん、アイデアはほかにも想像することはできます。しかし、多くの場合一つの失敗から出たアイデアが大きなヒット商品を生むことはよくある話です。

ホームページ自作でも同じです。ダメなホームページを参考にしながら、試行錯誤をしていくしかありません。そして、それは、プロでも同じです。制作したものが一回でパスすることなどまずありません。必ず修正があります。この繰り返ししか、お気に入りのホームページを得る方法はありません。そのためにも、アイデアを常に持っておくことです。

プロ並みデザインのホームページ、あなたが自分自身で気に入るホームページを得ることは、ネットビジネスを継続するうえでなくてはいけないのです。その理由は、「仕事は楽しくなくてはいけない」のです。ここでいう楽しいとはバカ騒ぎではなく、「次はどうなるだろう」と期待を膨らますということです。

「誰でもプロ並みデザインを作れる」には鉄板手順に合わせた内容と・・・

綺麗なホームページにあこがれます。それは、今の私たちも同じです。Webデザイナなーの中には、「綺麗なデザインのホームページが重要ではない。」という方も少なくありません。しかし、もしデザインやレイアウトにだけに絞れば、つまり内容は全く同じで、デザインやレイアウトが綺麗か綺麗でないかということに絞れば、綺麗なホームページのほうが信頼を得やすいのは何も知識がなくてもわかるでしょう。

あなたが同じ商品を買うときに、綺麗なデザインとそうでないデザインではどちらを選びますか?同じ商品、同じ説明、同じ価格なら、どうでしょうか?

「綺麗なデザインだけではなく、内容も重要」だということです。この点について異論がある人はいないでしょう。Webデザイナーな当然、今webデザイナーで独立したい人にも当然の話です。もちろん、今から商品を売りたいあなたにも当然の話です。

内容をいかに魅力的にできるか、その一つの方法が「綺麗なデザインのホームページ」です。「プロ並みデザインのホームページ」なのです。これが逆になると少しばかりややこしい話になるのです。つまり、綺麗なデザインのホームページが作れるだけでも、プロ並みのデザインのホームページだけできても成果は上がらないということです。

あくまでも、ネットビジネスの中心になるホームページを作ることが重要だということです。そのホームページは綺麗であることが魅力を何倍にもできるということです。

もし、この点を無視して、綺麗なデザイン、プロ並みデザインのホームページだけを目指すなら、このテキストで得られるのはほんの一部で充分です。

綺麗なデザインのホームページ、プロ並みのデザインのホームページは、あなたの商品・サービスがあって初めて効果を発揮するということです。

プロ並みデザインのデザイン力は身に着けられる

これから、あなたは徐便のネットビジネスのホームページを自作していくわけですが、「作って終わり」にしないでほしいと思っています。

もちろん、本文に何を書くのかはあなたにしかわかりまん。そして、何を書くのもあなたの自由です。

ですが、もし、デザインで悩むことがあるなら、このテキストで解決できます。「自分にはデザインの才能がない、センスがない」と思う人もかなりの数います。そのために、外注に出したり、ホームページを持つことをあきらめたり(ネットビジネスをやることをあきらめると同意です)する人も少なくありません。

ですが、ホームページに関してのデザイン力は、簡単に身に着けることができます。何よりの証拠は、私自身、学校の美術の成績は「1」です。ちょっとした自慢です。

ですが、こうしてホームページを自作しネットビジネスに活かしています。

ホームページのデザイン力を身に着けるためにすることは、わずか3つです。

なんだと思った方も少なくないでしょ。ですが、これは多くのプロの方がやっている方法です。もう少し詳しくお話しましょう。

多くのサイトを見て、「これは綺麗」と思うものは必ずあります。いくら美術の成績が「1」だとしてもです。気に入るデザインは必ずあるものです。そうしたサイト(ページ)を集めるのです。そして、そのリスト集を作ります。あとは、それをペラペラめくりながら、今作っているページに落とし込んでいくのです。さらに、もっとシンプルに表現できないかを考えるのです。

綺麗にするというのは、何も、飾り立てることではありません。どちらかというと、何もない状態が一番きれいなのかもしれません。それでは何を伝えているのかわかりません。ですから、最小限にすることです。

あなたの部屋でも同じです。余計なものがあれば、ごちゃごちゃして見えます。でも、必最低限にすれば、必ず綺麗になるものです。

ちなみに、プロの方は、たくさんのサイトから集めたデザイン(コードなども含める。私たちには関係尚ことですが・・・)を以下所に管理しています。これは「スワイプ」と呼ばれる、参考先として使われます。スワイプを持たずに、ゼロからデザインするWeb制作会社はないでしょう。あるとすれば、初めて間もないフリーランスの方くらいです。また、大手のWeb制作会社からフリーランスになった型のなかには、いくら実績があってもパッとしないのは、このスワイプのレベルが変わってきているということかもしれません。

ホームページのデザイン力を上げたいなら、スワイプ集を作ることです。それをパクり、シンプルに仕上げる。他たtこれだけで充分です。

誰でもプロ並みデザインのホームページを作ることができる

「誰でもプロ並みのデザインのホームページを自作できる」では、まったくの初心者であっても、綺麗なデザインのホームページ、プロ並みのデザインのホームページを作る手順とそれを支えるツール、そして、デザイン力を強化する方法を一つのテキストにしました。

このテキストで得られるのは・・・・・・

このテキストで得られるのは、

私たちは、ノンコード、つまり、HTMLやCSS、JSといたプログラムを一切使っていません。その理由は、それらを学ぶ時間が勿体ないこと、学ばなくても、プロ並みのデザインのホームページはできることにあります。それを実現してくれるのがWordPressです。

WordPressを使ったホームページ作りは多くのサイトで紹介されています。しかし、ネット上の情報を見てスムーズに出来上がった人はわずかです。その理由は、情報のレベルがまちまちだからにすぎません。言い換えれば、発信者のレベルで情報が発信されているということです。しかも、そうした人は決して初心者のレベルではないということです。

具体的に言えば、「これくらいは知っているだろう」「これは常識だろう」という表現がされています。初心者にとっては、これが頭を悩まし、「自分には無理」とあきらめてしまうケースになってしまいます。また、当然のように専門用語がたくさん出てきます。

「誰でもプロ並みデザインのホームページを自作する」では、レンタルサーバー(ロリポップ)の契約から、独自ドメインの取得、さらに、WordPress・テーマ・プラグインのインストール、さらにさらに、本文のデザイン・レイアウトを作るElementorを学ぶことができます。これがあなたにとって一番のメリットになります。なぜなら、私たちがホームページを使ってするのは、目的を達成するためにどうれだけうまく伝えるかです。それを実現してくれるのが、WordPress+Elementorだということです。

難しいコードを覚えることに時間を使って飾り立てる必要はありません。ですから、ノンコードで充分なのです。

ホームページのデザインは大きく、フレームワークと本文に分かれます。ワークフレームを構成するのは、テーマと呼ばれるものです。テーマの選定は初心者ではかなり厄介な作業です。なぜなら、WordPressで使えるテーマは無料有料問わず数千ともいわれています。

そこで、おすすめのテーマを5つ紹介しています。日本ではあまり騒がれていないテーマかもしれませんが、海外ではかなり実績のあるテーマばかりです。

本文のデザイン・レイアウトに関しては、Elementorを使います。WordPressには標準でグーテンベルグというページエディタがあります。しかし、私たちは同じページエディタでもElementorを使います。その理由は、直観的でわかりやすいこと、拡張性が高いこと、何より、多くの人が使っているので情報を得やすい(ただし海外の情報のほうが圧倒的に多いです。私は英語が苦手なので、もっぱらGoogleの翻訳を使って情報を得ます)。

WordPress+Elementorの組み合わせなら、ノーコードでも十分にプロ並みデザインのホームページを得ることができます。これは決してウソではありません。きっと、Webデザイナーの中には、「甘く見るな」といいたい人もいるでしょう。しかし、逆にこの組み合わせにメリットを見出して仕事に活用している人も多くなっているのも事実です。

これからの標準になる可能性を十分に持っているWeb制作環境の一つといえると考えています。未来はわかりませんが、私たちはそう信じています。ですからこうしてテキストにまとめて、多くの人に使ってほしいと考えています。

つまり言いたいのは、これからホームページを作る基礎、基本となるということです。

デザインのスワイプ集の作り方になります。テキストでは、見本になる優秀なデザイン集をいくつも用意しています。これは不定期ですが更新されます。また、スワイプ集はすぐに使えるようにする方法も解説します。何も難しいことではありません。誰でもすぐに使える手順を紹介しています。

実際、これがあれば、デザインだけでなく、かなりの時間短縮ができます。これだけでも、テキスト代金はチャラになると感じていただける内容です。

プロ並みデザインのホームページを得るには2つの方法があります

プロ並みデザインのホームページを得るには2つの方法があります。一つは外注に依頼することです。外注に出せば、フリーランスでも10万円はかかります。ネットの割りやすいWeb制作でも5万円はかかります。大手に依頼すれば、その10倍、100倍も決して珍しい話ではありません。また、外注に出せば、毎月管理費がかかります、月、5000円~2万円程度は覚悟しておかないといけないでしょう。さらに、修正する場合にも費用は掛かります。内容により、価格ははっきりしません。修正には時間もかかります。なぜなら、あなただけのホームページを作っているわけではありません。修正には1週間~2週間は早い方です。さらに言えば、どう作ったかはわかりませんあなた自身が触ることができないという制限付きです。

ですが、あなたが時間を欲しいと願っているなら、外注は一つ方法です。資金さえあれば、その効果はあります。

自作はこのテキストの手順に従えば、誰でもプロ並みのホームページを得ることができます。しかも資金は高校生のお小遣い程度と忙しいあなたの時間の中から、1~2時間の時間が必要なだけです。これだけであなたは誰にも制約を受けないプロ並みデザインのホームページを手に入れ、自分好みに変更することなど一切費用をかけずに、瞬時に変更できるのです。両方に共通しているのは、どの方法でも、情報はすべてあなたからしか出せないということです。外注でも自作でも、内容はあなた自身が集め、まとめなければいけないことには変わりません。

しかも、このテキストの価格は、24,800円(税込)だけです。

さて、あなたはどちらを選びますか?どちらの方が継続してネットビジネスに使いたいと思いますか?

「誰でもプロ並みデザインのホームページを自作する」いくつかのポイントがあります

「誰でもプロ並みで財案のホームページを自作する」にはいくつかのポイントがあります。

「誰でもプロ並みデザインのホームページを自作する」は会員制のサイトで情報を提供します。これは、いくつかの利点をあなたに与えます。

一つは、パソコンのそばにスマホを置いて作業できます。こうした情報は、よくPDFでの情報が提供されています。そうした場合、印刷し紙を見ながら操作するか、パソコンの画面を切り替えて操作する必要が出てきます。これはとても不便ですし、集中できません。

さらに、私たちにもメリットがあります。それはサイトを更新することで最新情報をお届けできます。しかも、期限はありませんから、あなたはネットビジネスをする間はずっと最新情報を得ることができます。

「誰でもプロ並みデザインのホームページを自作する」には、ホームページを作るうえでスムーズにそして、ぶれないようにする情報を管理することができます。以外に思うかもしれませんが、個人でホームページを作る場合、「頭の中」に期待し、大切な情報をメモすらしていないことが多いのです。こうしたことが起こらないようにするためには、ホームページを作る前にしっかり記録をしておくことです。エクセルを使って管理しますから、変更なども常に記録できます。入力はとても簡単です(エクセルに詳しくなくても・・・大丈夫です)。

「誰でもプロ並みデザインのホームページを自作する」には、個人でネットビジネスをする上で重要なページを構成を事前にイメージするモックアップを作ることができます。モックアップはWebデザイナなーやWeb制作会社のような大手がすることだと思われています。しかし、実際にはホームページを作るうえでは、その規模にかかわらず必要な作業です。

とても面倒に思われるこの作業も、ツールを使えば簡単にできます。もちろん、エクセルを使っています。マウスでクリックしドラッグするだけで作成できます。基本5ページはもちろん、あなたがこれから作るすべてのページのモックアップを作成できます。また、このツールでは、モックアップを作ると同時にサイト全体のページ構成も得ることができます。

つまりあなたは、目的達成のためにまっすぐ進めるために必要なものはすべてそろっているということです。

「誰でもプロ並みデザインのホームページを自作する」では、テンプレートを提供しています。このテンプレートは私たちが使っているモノの中から汎用的に使えるものを提供しています。また、新しく作ったものもラインナップへ追加していく予定です。

つまり、あなたのお気に入りテンプレートとあわせれば、あなたの個性を活かしたページを作ることができるということです。

プロ並みデザインのホームページを作るために必要な情報はすべてある

これからネットビジネスがどう変化するのかは誰も予測はできません。しかし、ホームページがなくなることはないでしょう。形は変わったとしても、まったくなくなるということはないでしょう。なぜなら、Google他多くの検索エンジンにはデータが蓄積されています。また、想像以上に世界には多くのホームページが存在します。ですから、すぐにまったく異なる形になるとは思えません。

ですから、今、大きなチャンスだと考えています。社会の変化もこれからはもっと大きな変化になるでしょう。一度変わった生活パターンがもとに戻るということも考えにくいです。ネットビジネスはますます盛んになることも簡単に予測できます。ここで、ホームページというネットビジネスのコアを手に入れるのは、これからネットビジネスを考えているあなたなら、今がチャンスというのは、すぐに理解できることでしょう。

「誰でもプロ並みデザインのホームページを自作できる」はわずか24,800円です。これがいかにあなたの財布にやさしいのかを説明することはもう必要ないでしょう。