【完全保存版】ビジネスで成功するために知らなければいけないことーその2ー

ネットビジネスの現状と理解

【完全保存版】ビジネスで成功するために知らなければいけないことーその1ー」は、もうお読みになられたでしょうか?もしまだなら、すぐにお読みください。

ここには、ネットビジネスの最も重要な話をしています。つまり、ネットビジネスは、

まず、この2点がネットビジネスの原点にあるということです。これは、私たちのような、小規模のネットビジネスでも、大企業と呼ばれる会社であっても同じです。ですから、この意識を持たないと、表面的なネットビジネスになり、そうしたネットビジネスは。一瞬成果を上げることができたとしても、継続したネットビジネスにはなりません。もっと言えば、「廃業」するために努力をするようになるということです。

私たちMiMa-promotionの目指すものは、たとえ、小規模ネットビジネスであったとしても、継続すること、つまり、「10年後に安心できるネットビジネスの構築」です。

もし、あなたが、「すぐのお金が欲しい」とか、「簡単にネットビジネスをしたい」とお考えなら、私たちはあなたに提供できるものは何もありません。そうした、情報は、ネット上にごろごろしていますし、YouTubeを見れば、2分もかからずに見つけることができます。そちらの情報をオススメします。カップラーメンんお湯を入れて、食べながら、検討できるでしょう。

さて、「【完全保存版】ビジネスで成功するために知らなければいけないことーその2ー」の課題は、ネットビジネスの現状と理解です。知らんくてもいい話です。ですが、これを知っておくことで、「今、あなたがすべきことが見えてきます。」

ですから、「その2」にしました。結構楽しい話になると思うので、じっくり読んでください。

ビジネスで成功するために知らなければいけないこと

【完全保存版】ビジネスで成功するために知らなければいけないことーその1ー

【完全保存版】ビジネスで成功するために知らなければいけないことーその1ー ネットビジネスの正体を知る ネットビジネスは人気の職業になりつつあります。副業でも本業でも、インターネットを使って、ビジネスを展開していこう人は年々多くなってきています。ですが、その多く ...
続きを読む

仕事はネットビジネスなのか?

さて、ビジネスですが、これを仕事とするのは少々乱暴な考え方です。例えば、サラーリーマンなら、ビジネスは仕事としてもいいかもしれません。

そもそも仕事とは何か?

またまた、wikipediaで調べてみました。が、ここで問題発生です。今は、ビジネスにおける仕事ですから、物理や何かに出てくる”仕事”はとりあえず除外します。

ここでは、仕事を「職業」と「労働」の2つに解釈されているようです。

「職業 は、日常的に従事する業務や労働など、技能、知識、能力などをまとめた一群の職務のこと。職 、生業(すぎわい、 、仕事 とも呼ばれ、日本では正規雇用で労務に従事することを就職 、就労 という。生計を立てるための仕事も職業とされる。」

「労働 とは、からだを使って働くこと。(経済学)人間が自然に働きかけて、生活手段や生産手段などをつくり出す活動のこと。」

私たち個人でネットビジネスをしている場合、あるいは、独立して、自ら生計を立てているならなら、仕事とは、職業と言っていいでしょう。つまり、ネットビジネスです。でも、そこに体を使う時間があれば、それは労働になるのかな?

いずれにせよ、ビジネス=仕事ではなく、「○○という職業で、○○という労働をする、経済活動」がビジネスということになるようです。

まあ、個人ビジネスをしていて、こんな屁理屈言っても仕方がないのですが、意識として、はっきりさせておくのは悪い話ではないでしょう。きっと。

ビジネスと仕事の違いとは何?

先ほども書きましたが、私たちの考えるビジネスは、「○○という職業で、○○という労働をする、経済活動」ということです。

つまり、ネットビジネスは大きな枠を表し、仕事はその中のたくさんの労働を表すとしていいのではないでしょうか?

あなたの家には時計があるでしょうか?今はもうあまり見かけない、ぜんまい式の時計を想像してほしいのです。電池で動く時計ではなく、昔ながらの時計です。

時計の役割は、「時刻を伝える」ことです。これには誰も異論はないでしょう。時計の裏蓋を開けるとそこには多くの部品があります。数えきれないほどの部品が、細かく動いています。

もうお判りでしょう。

時計は、時刻を伝えるという職業で、そのために、小さな部品たちはそれぞれの役目の中で動いている、つまり、労働をしているのです。そうして、時計という役割をしている、ネットビジネスをしているということです。

一つ一つの部品がしているのが、仕事であり、それが組み合わさって、結果を出し、時刻をつたえる時計という役割(ビジネス)をしているのです。

私たちも同じです。一人ひとりが仕事をし、それが集約され、一つの結果を得る。それを届けること(ビジネス)をしているのです。

仕事には、はっきりした行動があるかもしれない。けど、ビジネスはそうしたことがない場合もあるといったほうがいいかもしれません。あくまでも、個人的な考えですが。

サラリーマンのときにも、同じように考えていましたが、実際には、自分の役割、「仕事」をすることに集中します。言い換えれば、会社がどういうビジネスをしているのか、それは漠然としていて、その具体的な話に加わっているという意識は乏しかったと思います。

朝出社して、タイムカードを差し込み、言われたことを淡々とこなす。時間が来れば、また、タイムカードを差し込み、帰宅する。これは、あなたにとってビジネスです。ですが、会社にとってあなたは、労働者でしかないのです。

個人ビジネスをしていると、会社も労働者も両方をしなければいけません。つまり、その境目をはっきりさせていないと、ビジネスの成長はないのです。

人・もの・お金

ビジネスをするときに言われるのが「人・もの・金」です。これはネットビジネスでも同じです。

まあ、ビジネスをする上での3種の神器といわれるものです。もちろん、いくら、インターネットとはいえ、ネットビジネスもビジネスですから、この3つのツールを無視することはできません。

ですが、最初にお断りしておくなら、「人・もの・金」は、リアルほど大きな役割を持っていないかもしれません。というより、形や意味が変わってきているといったほうがいいかもしれません。

これまで言われ来たことを少し整理しておきましょう。

まず「人」、これは言うまでもありません。ビジネスは、人の営みである以上、人抜きで話をすることはできません。労働をするのも人、お金を払うのも人、スムーズに商品・サービスを提供するのも人です。商品・サービスを買うのも人です。そして、ビジネスで重要な人は、もう一つあります。それは人脈と呼ばれる、横のつながりです。

人脈は、リアルではとても大きな意味を持ちます。投資してもらえる人、仕事を紹介してもらえる人、あなたのビジネスを広く世の中に伝えてくれる人、いかがですか、多くの人脈によってビジネスが成り立っているのがわかると思います。決して一人でビジネスはできないのです。

ところが、インターネットを使ったビジネスでは、少々異なります。投資してくれる人もいますし、広く伝えてくれる人もいます。紹介もしてもらえます。ただし、その人のことをあなたは、一切知らない人ということがあります。

リアルの人脈は少なからず、「知っている人」です。知人です。あるいは、そうした人からの紹介など、全くの他人ということはまずありません。

ところがインターネットでは、まったく知らない人なのです。

今、クラウドファンディングがとても人気です。インターネットを使って投資してくれる人を集めるのです。ですが、ですが、あなたはその人を人脈を通して知り合い、投資をお願いしているわけではありません。インターネットを使って「呼びかけている」だけです。まったくの他人に。

これをリアルで考えるなら、駅前でティッシュを配っているのと同じ方法です。募金箱を持って立っているのと同じですね。これで、数百万円、数千万円という投資をお願いするわけです。

もちろん、これまで通りの投資家もいます。ですが、駅前に立つこともなく、あなたは自宅にいながらまったくの他人に投資をしてもらえるのはインターネットならではです。

「もの」は、商品・サービス以外に、道具ということも考えなければいけません。私たちMiMa-promotionが意識する道具には、プログラムがあります。インターネットをうまく使いこなすというより、インターネットを使うから、パソコンを使った作業が多いから、プログラムは何より効率を上げる強い味方です。もちろん、ビジネスにおける多くの集計作業にもプログラムを活用します。

わずか二人でもネットビジネスをスムーズに進められているのは、プログラムという道具のおかげでもあります。

最後に「お金」、多くの場合、資金を指します。ネットビジネスでは、ほぼ、現金を意味します。現金の管理こそ、お金で重要な点です。これ以上のことは考えなくてもいいと思います。

起業時など、お金が必要になるのは言うまでもありません。しかし、ネットビジネスに限った話をすれば、限りなくゼロに近い資金で起業できます。本当に、お小遣い程度です。

あなたがどういう商品・サービスをするのか?どういう分野、業種でインターネットを活用するかにもよりますが、いくら、少ない資金でネットビジネスが始められるからと言って、資金がないよりはあったほうがいいのは言うまでもありませんが・・・・・・。

そして、ネットビジネスをする上でも、キャッシュフローは無視できません。経理という難しい話ではなく、「現金の管理」をしなければいけないということです。経営者の仕事の一つです。決して、ほかの人に任せてはいけません。個人のネットビジネスなら必然的に、あなたがしなければいけない仕事の一つです。

「人・もの・金」は、気軽に始められるネットビジネスでも、ないよりあったほうが有利だということは変わりありませんから、その点は勘違いしないようにしてください。リアルビジネスとは少々異なった見方が必要だということです。

ビジネスの本質と実践

いよいよ、この記事の中核になる話に突入です。もし、ここまで読んでお疲れなようなら、ここで少しコーヒーブレイクしてください。

ゆっくり休まれましたか?頭の中はすっきりしましたか?もし、まだ、という方は、もう5分休みましょう。

もう休憩は十分でしょう。では、大切な話をします。

ここまでも決して適当な話をしているわけではありませんが、ここからは、よりややこしい話になってきます。

まず、大前提の話です。ビジネスの本質とは何か?そして、それ実践するとは何か?についてはっきりさせておきましょう。

あなたは、「なぜ、ビジネスをしよう」「起業しよう」あるいは、「独立をしよう」と考えましたか?起業の動機ということですが、それ以上に、「本当の理由」があるはずです。ここをはっきりさせましょう。

なぜ、これが重要になるのか?それは、あなたの人生の目的であり、目標になるのです。具体的には、人によって内容は異なるでしょうが、その人の人生の目的であり、目標になっていることは同じではないでしょうか?

ちなみに、私たちがビジネスをする本質、つもり、本当に得たいものは、「幸せ」です。もっと言えば「自由」です。もっと言えば、「思うように過ごしても、悩みも問題も、いやなことも起こらない」時間を過ごしたいからです。自由にふるまっても、人に迷惑をかけることなく、逆に、「人が集まる」ような時間を過ごしたいのです。その手段としてネットビジネスがあります。

ビジネスをすることが目的ではないということです。ビジネスをするのは、自分たちの目的を達成するための一つの手段に過ぎないということです。

ですから、必ずしもビジネスしかないというわけではありません。サラリーマンやOLで自由を得て、「幸せ」であるなら、それでいいのです。

私たちはサラリーマンでしたが、それでは、自由も幸せも得られないと感じたから、目標を達成するために、手段としてネットビジネスを選びました。そして、こうして、文章を書くのは、「同じ手段を選んだ人にも目的を達成してほしい」からにほかなりません。もっと言えば、実際にやってみて、多くの失敗を重ねてきた、その分遠回りした時間を、同じように使うというのは勿体ないです。

私たちの経験が、その時間をより少なくできるのであれば、これほど「幸せ」なことはでしょう。「幸せ」の一つには、周りの人の笑顔があふれることです。あなたのためになる情報を提供することで、あなたが笑顔になるのは、私たちの「幸せ」が実現できるからにほかなりません。

きれいごと?そう思われる方も少なからずいるでしょう。でも、実際には、ビジネスを進めるのは、きれいごとだけでは進みません。不安もサラリーマンより大きいです。驚嘆な話、「明日のごはん」すら買えない状況もこれまでも、何度もありました。けれども、ビジネス以外に手段を見つけることができなかったので、今もこうして文章を書いて、ネットビジネスをしています。

私たちはビジネスの本質を受け止めたときこそ、実践という行動が生まれると考えています。

どの本にあったか忘れましたが、

「成功しない人には2つのタイプがある。一つは、言われたこともできない人。もう一つは、何もしない人。」この2つのタイプに共通しているのは、「自分が求めていることがないということではないでしょうか?

何かを得たいという感情こそ、ネットビジネスには大切であり、その感情があるから困難にも立ち向かえると考えています。

あなたは、「なぜ、ネットビジネスを選びましたか?」この答えはあなた自身にしかわからにのです。ですが、その答えを見つけることは、これから先にとても重要なことなのです。

なぜなら、ネットビジネスを本質を知り、実践するための原点だからです。そしてそれを教えることはできません。あなた自身が見つけるほかないのです。

あなたにしかできないという事実を知る

つまり、どんなノウハウやテクニックがあったとしても、それを使い、実践するのはあなたしかいないのです。同じことを聞いても、同じ知識があったとしても、資金があったとしても、人脈があったとしても、いい商品やサービスがあり、ほかの人にはないアイデアがあっても、それを実践するのはあなただけなんです。

これが、ネットビジネスで成功を得る一つの答えです。

よく言われるビジネスの動機の一つに「自分を試していたい」というものがあります。もちろん、それにつながる話です。ですが、「自分を試す」場は何もビジネスだけではないはずです。

自分の何を試したいのか?自分探し?そのためのネットビジネス?

もしそうなら、きっとあなたは起業してもうまくはいかないでしょう。廃業まっしぐらかもしれません。

「自分を試す」には、自分に自信がないといけません。「自分ならできる」という意思があるからこそ、「自分を試す」という言葉になるのではないでしょうか?

自分を信じる、これはとても難しい話です。弱い自分もいるでしょう。そのために、強がることもしたでしょう。こそこそ隠れるように過ごした方もいるでしょう。

どちらにせよ、それをしているのは、あなた自身です。

「あなたにしかできない」、これが大切なのです。自信につなげて、自分を愛し、堂々とお天道様の前を歩く。これが「自分を試す」という言葉になったと考えています。もう少し付け加えるとした、すでに自信があるからネットビジネスに挑戦しているということです。

自分を愛し、それを楽しむことです。できない人などいないのです。

間違えないでください。目立たなくてはいけないという意味でもなければ、有名にならなければいけないということでもありません。

あなたは何も背伸びをすることはありません。また、ほかの人のまねをすることもありません。あなたは、あなたにしかできないことがあります。それを見つけることです。

あなたの周りを見渡してみてください。成功者といわれる人は、みな、驚くようなことをしていません。ですが、同じことをしている人もいません。つまり、成功者は自分ができることに集中していていただけということです。

しかも、そうした人は、一人や二人ではありません。

たった一人でもビジネスはできる

ビジネスをするのに人数が多いほうがいいのか?いえ、あなた一人でも十分にネットビジネスはできます。もちろん、規模が大きくなれば、人も多くなってくるでしょう。儲けも大きくなります。大金のほうが成功なのか?といえば、それは違うでしょう。

例えば、サラリーマンの方で年収が1000万円を超える人がどれほどいるでしょうか?きっとサラリーマンであれば、年収1000万円といえば「いいな」と考えるでしょう。

では、ビジネスをしている人、起業をした人ではどうでしょうか?法人でなくても構いません。年収1000万円というのは、高額な収入でしょうか?そうではないですよね。

同じ1000万円でも、サラリーマンは理想的で、限界に近い金額です。でも、ネットビジネスでは、あなたが欲しいだけの金額を得ることができます。

ひょっとすると、努力の量はどちらも変わらにかもしれません。つまり、どちらを選んでも、あなたは最高の努力をするはずですから。

サラリーマンでも、起業して独立しても、努力をすることに関しては、同じはずなのです。ですが、ネットビジネスで起業するともっともっと儲けている人は多いのです。1000万円以上稼いでいる人はたくさんいるのです。

でもサラリーマンだと、決まった金額しか得ることはできません。あなたがいくら有能であっても、既定の金額しか手にすることができません。逆にいくら能力がなくても、決まった金額の収入を手にすることができます。

でも、ビジネスは違います。あなたが努力した分だけ収入は増えます。上限などありません。あなたが1000万円儲けたいないと考えれば、それは可能です。もし、5000万円でも、それに見合った努力をすれば、それを手に入れることができます。もし、1億円だとしても同じです。

そして重要なのは、それが一人であっても同じなのです。人の数で収入が変わる可能性はありますが、同じ方法でも、規模によって収入が変わるのは当然です。人を多くするのも一つの努力です。

つまり言いたいのは、ビジネスの収入は人の数ではないのです。正しい努力の結果だということです。それ以外に、収入に影響するものはありません。

ネットビジネスでは、たった一人でも大きな収入を得る人は多いのです。年収ではなく月収で1000万円という人も大勢いるのです。それ以上の人もいます。1億円なんて人も一人や二人ではなくたくさんいます。

サラリーマンとビジネスの大きな違いがあるとすれば、それは、個人の能力によって収入が変わらないのがサラリーマンです。逆に能力があり、正しい努力ができれば収入に上限がないのがビジネスです。そして、一人でもその努力をすれば、収入につながりやすいのがネットビジネスだということです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、これは事実なのです。

ネットビジネスは、制限がありません。「何人でないといけない」というルールはないのです。しかも、あなたは自分の能力を正しい努力として、表現できれば、それは収入という結果で手に入れることができるのです。

起業するというと、とかく「失敗する」「難しい」といわれます。それはネットビジネスでも同じです。

何度も言いますが、サラリーマンだと能力がなくても会社に行って、椅子に座り、決まった時間だけ会社にいれば、給料を手に入れることができます。能力がなくても決まった金額のお金を得ることができます。

私たちはもともとサラリーマンでしたから、そういう人を何人も見てきました(まあ、そういう人はたいてい、自分は誰よりできると勘違いしていますが・・・・・・)。そして、そういう人は、仕事をせず、周りの人の邪魔をします。仕事の効率を下げ、チームワークを壊し、自分がいなければ会社は成り立たないと勘違いしています。それでも、決まった金額のお金を手に入れることはできます。

「失敗」はないのです。成果が得られないということはないのです。どういう能力であったとしても。そういう人に経過を分配するのが会社です。すごく大げさに言えば、能力のある人が稼いだお金を、能力がない人にも分配している。だから、有能であったとしても、収入の上限は決まってきます。

ビジネスではそういうわけにはいきません。能力がなければ、正しい努力していなければ、一銭も得ることはできません。つまり、「失敗」ということです。ですが、「一人だと失敗する」ということはないのです。

ビジネスでお金を稼ぐことで重要なのは、自分の能力を信じて、正しい努力をすることです、そして、それを継続することです。そして、成功者と呼ばれる人たちがしているのも同じなのです。成功者から、そのノウハウやテクニックなどを手に入れたもすべての人が成果を出せていないのは、ノウハウやテクニックが悪いからではありません。成功者と同じ収入を得るには、成功者と同じ努力をしなければいけないのです。これは言い切ってもいいです。

成功するネットビジネスの思考と実践

ビジネスをすることにおいて、「思考」は必須です。少なくとも私たちMiMa-promotionは、思考こそがビジネスを支えると考えています。つまり、アイデアこそが成果を出すネットビジネスを作るうえで最も重要なポイントの一つだということです。

大勢のビジネスオーナーは、知識を得ることに力を入れます。あっちのノウハウ、こっちのテクニックと、我先にと求めます。

ちょっと新しいことがあれば、すぐにマネをしたくなります。また、うまくいっている同業者のマネをします。例えば、今、クラウドファンディングが人気です。その前は、SNSが人気でした、その前は、ブログが人気でした、その前は、ホームページを持つことがステータスでした。

何か新しいものが出ると、それをうまく使うことでお金を儲けようとするノウハウやテクニックが出てきます。そうしたノウハウやテクニックの情報をもっていれば、どんどん、お金を稼ぐ人が現れます。そうした情報はどんどん高くなって、ノウハウやテクニックを得た人はその情報を売り、さらにお金が儲かります。

ホームページがステータスになったとき、「ホームページ制作会社」や「SEO業者」がたくさん現れました。でも今はどうでしょうか?

今、「成功するクラウドファンディングの作り方」などの情報を出せば、きっと、その情報を求める人が我先にと手を上げるでしょう。

今は、私たちはこれらすべてを当たり前のように使います。しかし、それは、まねではなく「ビジネスの基本」に合わせた役割があるからです。

その役割とは、アイデアの種にすることです。そのままマネをするのではなく、「種」なのです。もっと言えば、成功した人のノウハウやテクニックは「知識」です。それをそのままマネしても、良くて同じ結果、大抵は、成功者の半分も成果を上げることはできません。世の中は、一番が好きです。2番目、3番目が選ばれることは稀です。

ですが、「知識」をアイデアの種とみるなら、そこには、あなたが1番目になれる道が現れます。新しい「種」には、新しい花をさかせ見たこともない種ができるものです。

そうするには、「自分らしさ」という思考を付け加えます。ほかの人と同じノウハウやテクニックは使いません。だって、同じことをする人が増えれば、いくらノウハウでもテクニックでも、同じようにしか見られないでしょ。

白いキャンパスに白以外の色を塗れば目立ちます。ですが、目立つからといって、同じ色を塗り続ければ、いずれ、白いキャンパスは、その色のキャンパスになります。

あなたのご近所に「道の駅」はありますか?ちょっとしたドライブの休憩に道の駅はとてもいい場所です。道の駅ができたとき、ちょっと休憩のつもりでも、地元の野菜や特産品に興味を持ち、買って帰るなんてことがあったはずです。

ですが今は、道の駅も増えてきて、どこでも、地元の野菜があり、特産品があります。もう珍しくはありません。買って帰るのもいつもではなくなってきていませんか?興味が薄れてはいませんか?

ビジネスでも同じ何です。

常に興味を持ってもらえること、そこに思考が必要なのです。知識をいくら持っていても、そのままマネをしても、だれも興味を持ちません。思考しなければ、ただの知識です。

実践とは、知識をあなたの思考で「あなたらしさ」という工夫を加えて行動すること。これができた人が、だれより目立ち、だれより大きな成果を上げることができるのです。

ビジネスモデルにアイデアという隠し味を入れる

ビジネスで成果を上げるには、「アイデア」が必要です。これは絶対なのです。ですが勘違いしないでください。ここでいうアイデアとは、成功者の持っているノウハウやテクニックではありません。

もっと言えば、成功者が成功しているのは、ノウハウやテクニックではなく、正しい努力をしているということです。ビジネスに自分らしいアイデアを入れて、アイデアを信じて、それを継続した結果が、「成功」といわれるのです。成功者と見るのは、成功者自身ではなく、周りの人がそう言っているだけです。

アイデアを見つけ、それを信じて、正しい努力を、毎日毎日、続けるているだけなのです。

不思議に感じる人もいるでしょう。「きっと、成功者は儲ける秘密を知っている。」と思うでしょう。そう思うのもわかります。実際に、ビジネスはやればやった分だけが成果になるわけではありません。

数学でいえば、ビジネスの成果は、一次曲線、つまり、直線ではありません。やればやった分が成果出ることはまずありません(もし、あなたが成功者のノウハウやテクニックを高額で手に入れたとしても同じです)。

ビジネスの成果は、蓄積と相乗効果です。特にネットビジネスはそれがとても強く現れます。最初はやってもやっても成果は出ません。これが事実です。いくら成功者からノウハウやテクニックを買ったとしても、それは変わりません。「やってもやっても成果が出ないから詐欺だ」とか、「すぐに成果が出ないから間違っている」なんてことを考えるほうが間違っているのです。

ビジネスは、最初、「やってもやっても成果は出ません」ですが、徐々に成果は出始めます。それまで、自分を信じて、継続することが大切です。そして、やってもやっても成果が出なかったこと蓄積され、想像効果を出し始めるのです。そして、「ちょっとやっても大きな成果が出始める」のです。

これがビジネスなのです。

そして、そこにアイデアがあれば、より一層の蓄積効果と相乗効果を大きくできるのです。これは言い換えれば、ビジネスの面白みなのです。ビジネスの醍醐味なのです。これは一度経験しないと実感できません。もっと言えば、あなたが成功者と思っている人は、それを実感した人ということです。

もし、あなたが真剣にネットビジネスで成果を上げたいなら、成功者のノウハウやテクニックにお金を払い、時間をかけるより、「自分らしいアイデアを見つける」ことにお金と時間を使ってください。そのほうが、あなたのためになります。あなたがビジネスに夢中になるとしたら、あなたらしいアイデアを見つけたときです。それ以外はないと考えても決して損はありません。

隠し味を活かしファンを作れ!

アイデア以外にあなたのビジネスで成果を上げる要素を上げるとしたら、それはあなた自身の個性もアイデアになるということです。

これを理解しやすいのは、YouTubeです。

今YouTubeは、「小さなテレビ局」の集まりといってもいいでしょう。それぞれの人が、企画し、撮影し、編集し、短編(実際には長いものもありますが)の番組を配信されています。

注目するのは、企画です。

例えば、今、キャンプの様子を動画配信している人が多いです。キャップだけではありません、同じような企画で配信をしている人多いです。ですが、人気がある人とそうでない人がいます。その違いはなんのでしょうか?

例えば、料理をする様子を配信している人がたくさんいます。プロの方から家庭の主婦の方もいます。プロの動画が人気があるかといえばそうでもありません。それはなぜでしょうか?

例えば、バイクや車の修理の様子を動画配信されています。詳しく説明されている人もたくさんいます。が、そうでない内容でも人気がある人がいます。その違いは何でしょうか?

一つ言えるのは、動画配信している人の個性です。キャラクタです。

私たちはバイクが好きです。ですからバイクの修理などの動画をよく見ます。そのときに、「これは役に立った」という動画の視聴数を見れば人気があるチャンネルではないということがあります。チャンネル登録数も多くありません。逆に「これ何も役に立たない。」っていう動画のほうが視聴数もチャンネル登録数も多いのです。

私たちは、「自分のバイクの修理」の情報を得たいわけですから、それに詳しい内容を配信している人を好みます。ですが、目的がそうではない人もいるということです。そして、内容はともかく、「話が面白い」とか、「扱っている道具が変わっている」などに興味を持つ人も多いのです。

いずれにせよ、「個性」が人気を支えるということをYouTubeから学ぶことができます。

これは何もYoutTubeに限った話ではなく、ネットビジネス全般に言えます。ブログの記事の書き方にも現れますし、話題の決め方にも現れます。

実際にリアルビジネスでもそうしたことはよくあります。例えば、「店員さんが優しいから、そのお店に行く」とか、「品揃えがとても多いからそのお店に行く」っていうことです。

私は今、隔週で病院に行きます。私の都合で住所を変えたときに、系列の違う病院を紹介されましたが、変えませんでした。理由は簡単です。先生を変えたくなかったこと、そして、看護師に慣れているからです。簡単に言えば、今通っている病院は、「気楽」なのです。

同じ治療なら、どこでも同じなんです。ですが、気持ちよく治療を受けたいので、そうした点で病院を決めています。これも個性だと思うのです。

ビジネスにはアイデアが必要です。さらに、隠し味として必要なのが、「個性」です。

「個性」が大切だというと、ブログに日常や子供話などをする方がいます。それが自分のビジネスの内容とあっていれば問題ありませんが、まったく関係ないなら、それは「個性」にはなりません。ですから、そうした内容をブログに書くのは、逆効果になることが多いです。注意をしましょう。

「個性」とは、あなたの中らにじみでるものであれば言うことはありません。作った個性であっても、作っていることがばれなければ(一貫性があれば)、それも個性です。

究極の個性が、「ブランド」と呼ばれるものです。これは男女を問わす共通しています。

例えば、私はバイクが好きです。バイクの部品を探すとき、「このメーカーなら間違いない」「このメーカーはこういう部品が得意」などメーカーというブランドを頼りにしています。性能とか価格ではありません。ブランドで部品を選びます。

例えば、洋服が好きな女性にもブランドは存在しています。最近では、「ユニクロ」「GU」「ワークマン+」などなど、よく話題になります。ワークマンなら、「あったかくて、安い」っていうことを期待するでしょう

これがブランド力です。個性を活かすのは、このブランドを作ることに大きな役割をします。もちろん、時間はかかりますよ。

ビジネスと仕事を区別する

あなたのネットビジネスを成功させるためには、「今していることが何か」を自分自身で理解することです。ビジネスなんか、仕事なのかをはっきりさせることです。いずれにせよ、生産的なモノとそうでないモノが共存しているということを理解して、1日を過ごそうということです。

個人でネットビジネスをしていると、プライベートとオフィシャルな境目はとてもルーズになります。例えば、作業場(事務所)が自分の家というのも境目をなくしてしまいます。家事と仕事の境目もはっきりしない場合もあります。ですから、境目をはっきりさせること、そこに意識をするのは、集中力を上げることにもなります。また、生活へのメリハリをつけることにもなります。

ポイントは、「知識(インプット)」→「思考」→「行動(仕事)」の流れを早く作り、それを習慣にすることです。習慣にするのは、そう難しいことではありません。

習慣いしたいことを意識して行うのは、36日。37日は、もう何も考えなくても行動できているでしょう。

36日で習慣になる理由

なぜ、36日なのか?って思ったでしょ。それは、大抵の人が1か月を区切りに考えるからです。あなたもそういう経験がるでしょ。「今月はこれを頑張る」みたいな目標を立てていませんか?

そして、大抵の人は、その1か月が終わった時点、月末になると、「達成した」と満足してしまうのです。つまり月が替わると先月していたことに対して意識がなくなる、「安堵感」みたいなものを感じてしまうのです。

ですから、さらに1週間続けるのです。約5週間です。5週間後は、月の中日です。切りがよくないのです。終われなくなるのです。人間の思考ってよくできている。切りが悪いから、続けてしまいます。

ウソみたいな話でしょ。でも36日は意識をして行動してみてください。

一番避けるのは、「自分への報酬を与えないこと」です。よく、習慣いすることに、「自分への褒美」を用意しようというのがあります。しかし、この褒美がよくない。なぜなら、褒美を意識していますと、「これが終われば、褒美がある」と考えると、ずっと褒美のことばかり考えます。そして、「ここまで下のだから、小さな褒美」を挙げよう。って考えるようになります。褒美をもらうことが目標に合ってしまいます。これで挫折した人は決して少なくないでしょう。

実際、私は「褒美」につられて挫折をしてしまう人間です。もし、褒美をもらうなら、「自分でもできる」という自信を褒美にしてください。そうすれば、「こっちにも挑戦してみよう」という意欲がわいてきます。

もう一つ、ビジネスの目的は「お金儲け」です。ですが、お金ばかりを考える人は、「今日もお金が入ってこない」ということから、「あきらめる」人が多いのです。この話をすると長くなるので、いつかゆっくり話をしたいと思います。

ビジネスで成功するなら、「お金は努力の対価ではなく、結果だと」割り切りましょう。大切なのは、「努力を楽しむこと」です。それが習慣です。習慣になれば、努力していることへの満足感を得ることができます。さらに、次のチャレンジもしたくなるものです。

これはビジネスだけではありません。何かをやり遂げるというのは、そうした意識の中に隠れているものです。怠惰、楽、快楽から自分を解放しましょう。ないもしていない自分を見るから、あとで後悔してしまうのです。

どんな小さなことでも構いません。「今日もできた」という満足感、そして、それは安心感につながり、いずれ、あなたの自信につながっていきます。

なんと楽しみなことではないでしょうか?これがビジネスの原点です。

はじめてのネットビジネス構築

知識ゼロ!経験ゼロ!資金ゼロ!
たった一人で起業するあなたへ

完全無料!目指せ年収1000万円!

わずか80数ページのテキストがあなたネットビジネスのスタートを支援します。この無料のテキストは、次の方がネットビジネスを始める時に役に立つように、MiMa-promotionの経験をまとめたものです。

もちろん、この無料の資料だけでも起業ができるように構成しました。ですから、ネットビジネスで起業をしたいが迷っている方、すでに起業したけど思うような成果を上げられない方に、ぜひ、読んで欲しいのです。ネットビジネスの全体像が理解できます。