ネットビジネスではHPが中心になければいけない理由

HPを使わないネットビジネスは存在しない訳

ネットビジネスで成果を出すのに、「HPは必要ない。」なんてことはありませんよ。な全こんな話をするのかというと、新年早々に、次のような質問をいただいたからです。

「先日、YouTubeを見ていたら、『HPがなくても、集客できる。ネットビジネスで成果は出せる』という広告を見ました。これをどう思いますか?」

もちろん答えは、「HPは必ず必要です。形はどうであれ、必ず必要です」と回答しました。ということで、少し詳しくお話したいと思います。

なぜ、「HPが必要ない」という話になっているのか?HPがいらないのではなく、昔はやった「ペラサイト」でいいという話らしいのです。集客は広告を使い、ランディングページに誘導し、メールで商品を販売する。というものです。

1ページだから「ホームページではない」といわれるのですが、実際、1ページでもホームページです。ですから、タイトルでいわれる「HPがいらない」ではないのです。

この記事は、ホームページとは何か?ビジネスモデルにおけるホームページの役割は何か?について、お話をしたいと思います。アフィリエイターの方に読んでほしいかな、一番身近なビジネスモデルの話なので。もちろん、物販の方にも参考になる話です。

 

本当にネットビジネスをホームページを持たずにできるのか?

そもそも、「HPがなくても、集客できる。ネットビジネスで成果は出せる」という疑問の根源は、「ネットビジネスをホームページを持たずできるか?」ということに置き換えられると思います。

ネットビジネスで使えるツール限られています。

もし、ホームページを持たずにネットビジネスができるビジネスモデルがあるとすれば、「メールリストを持っていて、そこに広告を送信する」ということは考えられます。この場合、必須事項は、いうまでもなく「メールリストがあるということです。つまり、集客などしないビジネスモデルです。

「なるほど、」って思った人、かなり危ないですよ。なぜならこの方法では、新規のお客さんを得ることができません。つまり、固定した常連客だけでビジネスをするということになります。もし、常連客が離れたら、このビジネスモデルは崩壊します。ですから、リストを持っていたとしても、新規客の獲得には力を入れなくてはいけません。

新規客を得るには、「集客」をするしかない

新規客を得るにはどうするのか?2つの方法が考えられる。一つは、一人と出会い、メールアドレスを聞いて回ること。これが、非現実的なことはわかるでしょう。100人のメールアドレスを得るために、100人に合う必要があるわけです。もちろん、あなたが直接会うことはないです。

例えば、「お酒好きの女性」を多気っとにするなら、No1ホストに依頼して、メールを集めることも考えられます。No1ホストのバイト料は安くないでしょうが・・・・・・

もう一つは、いうまでもありません。ホームページを作り、そこでメールアドレスを集める方法です。一般的によく使われる方法ですね。メールアドレスを入力してくれたら、無料資料を挙げるよ。という方法はその一つの例です。

もっと違う方法があるかもしれません。しかし、大きく分類すれば、このどちらかの方法でメールアドレスを集める、集客+メールアドレスの獲得をしなければいけません。

そもそも、リストがなければ始まらない

メール戦略の方法では、「メールアドレスのリストがなければ、何もできない。」ということです。

メール戦略は、コンサルタントの方、あるいはセールスライターの方のビジネスモデルの代表です。ですから、大抵のコンサルタントやセールスライターの方のセミナーに行くと、「メールアドレスがあることが大前提」で、ビジネスの講義をされます。

起業したての人がメールアドレスのリストを持っているのか?

そうなんです。私たちも起業仕立ての頃、そういうセミナーやテキストを手に入れたときに、最初に躓くのが、「メールアドレスのリストなどない。」ということです。

先ほど話たように、ホームページを作り、コツコツ、メールアドレスを集めることに精を出さくてはいけないのです。

結局、HPは必要になる

メールアドレスで広告をしていくビジネスモデルは一見すると、「ホームページを必要としないビジネスモデル」に見えますが、お話したように、必ず、ホームページの力が必要になってきます。

ネットビジネスの中心はホームページである

ここまではいいでしょうか?

では、もう一度、問題を確認しましょう。「HPがなくても、集客できる。ネットビジネスで成果は出せる」ということです。ここまでの話で、それは不可能な話であることが分かったと思います。

では、この広告が言いたいのはのは何か?そもそも、「HPがなくてもいい」という話になったのか?を少し考えてみたいと思います。

この広告には、説明動画がありました。その内容は、とてもよくできていて、「なるほど」と納得できるものでした(もう少しで買いかけました・・・・・・)。ただ一つ気になったことがあります。それは、「ホームページ」の理解です。

この動画広告で売りたい商品は、「セールスコピーを書くための商品」です。ここが一つのポイントになります。

ざっくり、この広告を紹介すると、次のような流れになります。

ホームページとは?

なんとシンプルではないでしょうか?「あれ?この流れはずいぶん昔からあるビジネスモデルだよね。」って思った方は、かなりの勉強家か、長い間学んできた方でしょう。

その通りなのです。ビジネスモデル事態は、決して新しいものではありません。かなり古くから使われている、「Free戦略」です。

では、この広告のみそはどこにあるのか?「HPがなくても・・・・・」ってとこです。でも、Free戦略にはホームページを使います。

動画を見て、気が付いたのです。「ホームページの解釈が異なる」ということに。つまり、この広告では、SNSなどで集客した人を1ページランディングページに誘導する。「ホームページでは、なく、1ページのランディングページがあればいい」ということらしいのです。

このサイトに来ている人なら、「大きな勘違い」があることに気が付いたはずです。それほど難しい話ではありません。レベル5くらいの話です。

この広告の勘違いは、「1ページだから、ホームページではない」と解釈されている点です(ちなみに、たった1ページのサイトを「ぺらサイト」と呼びます。最近ではあまり見かけなくなりました。また、Googleはぺらサイトをあまり好みません。)。

ホームページとサイトの違い

「1ページのランディングページはホームページではない」という点ですが、ここはかなり厄介な話です。

まず、ページですが、これは独立したものなのです。1ページに必ず一つのアドレス(URL)が存在します。1つ以上のページを総括してまとめるのが、ホームページと呼ばれるページです。

学校でいえば、「学級委員長」です。クラス一人ひとりがページで、それをまとめるのが、学級委員長ですそのクラスの代表です。

もう少し説明すると、このクラス、例えば、3年B組というクラスは、本来「サイト」と呼ばれます。

サイトの中に、ホームページがあり、ホームページから個々のページへ誘導される仕組みを持っている。ということです。

ちなみに、現在では、サイト=ホームページと呼ぶようになってきています。ホームページに行けば、すべてのページを見ることができるところから、そうなったのかな?と思います(なぜ、そうなったのかは定かではありません)。

重要なのは、サイトの中身が「たった1ページ」でも、サイトなのです。つまりサイトとは、「1ページ以上のページを統括したもの」です。

ですから、たった1ページのランディングページであっても、それは、ホームページであり、サイトです。

ホームページとランディングページの違い

「1ページのランディングページはホームページではない」という点ですが、もう一つ謝った解釈があります。それはランディングページの解釈です。

ページの内容には様々なものがあります。そして、そこには、「役割」があります。ホームページの役割は、サイト内すべてページの案内係です。ですから、ホームページからリンクをたどれば、すべてのページを見ることができなくてはいけません。

他にもあります。コーポレートサイトであれば、「会社概要」や「サービス」などのある程度決まった役割が決まったページを作っります。「会社概要」では、資本金や代表の名前、あるいは、連絡先が記載さえています。「サービス」では、その会社取り扱っている商品・サービスの内容が記載されます。

ランディングページというはどういう役割を持っているのか?

これを知るには、ランディングページがなぜランディングページ呼ばれるのかを知る必要があります。

通常、ランディングページは、先にお話ししたように、SNSやブログ、YouTubeから誘導されます。言えば、SNSやブログ、YouTubeからサイトにあるページに最初に着地するページです。そして、そのページに着地させる目的が必ずあります。それは、「商品の販売」「会員登録」「資料請求」「お問い合わせ」などが一般的です。

サイトの中のランディングページを直接表示させようということです。つまり、ランディングページというのは、ある目的を達成するの役割を持たせた内容が書かれたページだということです。

ランディングページの目的達成するための必須要素

「1ページのランディングページはホームページではない」という点とは異なりますが、ランディングページには、必ず、目的があります。その目的を達成するために使う道具は、「コンテンツ」です。多くは、文章で構成されています。

ランディングページの役割が、「商品の販売」「会員登録」「資料請求」「お問い合わせ」であれ、すべて、文章で目的を達せしなければいけません。もっと具体的に言えば、ページの最後に配置された、ボタンをマウスでクリックさせる文章が必要だということです。

そして、この広告のポイントは、人を行動させる文章を身に着ければ、ボタンを押させることができる文章を書くことができる

ものがあります。そして、そこには、「役割」があります。ホームページの役割は、サイト内すべてページの案内係です。ですから、ホームページからリンクをたどれば、すべてのページを見ることができなくてはいけません。

他にもあります。コーポレートサイトであれば、「会社概要」や「サービス」などのある程度決まった役割が決まったページを作っります。「会社概要」では、資本金や代表の名前、あるいは、連絡先が記載さえています。「サービス」では、その会社取り扱っている商品・サービスの内容が記載されます。

ランディングページというはどういう役割を持っているのか?

これを知るには、ランディングページがなぜランディングページ呼ばれるのかを知る必要があります。

通常、ランディングページは、先にお話ししたように、SNSやブログ、YouTubeから誘導されます。言えば、SNSやブログ、YouTubeからサイトにあるページに最初に着地するページです。そして、そのページに着地させる目的が必ずあります。それは、「商品の販売」「会員登録」「資料請求」「お問い合わせ」などが一般的です。

売り上げを左右するホームページの要素

「HPがなくても、集客できる。ネットビジネスで成果は出せる」という話から少し、話はそれましたが、おおむね、この話のビジネスモデルでも、ホームページが必要であることはご理解いただけたでしょうか?

では、この表現は別にしても、このビジネスモデルのセールポイントについて少し話を進めてみましょう(別に回し者ではありませんよ)。

という流れになりそうです。セールスコピーの講座を売ることを目的とした広告ということですね。

では、セールスコピーというのは、身に着けると本当に「人を行動させることができるのか」ということになるわけです。

ネットビジネスにおいて文章の重要性は、ランディングページに限らず重要であることは、私たちも同じ意見です。そして、それを身に着けることは必須です。ホームページだけでなく、文章を書く機会はリアルビジネスより格段に多いです。

ですから、こうした講座で学ぶことにも意味がないとは思いませんし、私たちも起業したばかりの頃は、積極的にセミナーやテキストを手に入れていました。

つまり、セールスコピーに限らず、文章を書くことはこれからネットビジネスをする上で必須の技術です。ホームページはそれを一番実感できる場所です。

ランディングページの良し悪しで売り上げは簡単に変わる

私たちは文章には大きく分けて2種類あると考えています。一つは「伝える文章」です。例えば、こうした記事を書くことです。もう一つが、この記事の話題である、「売る文章」です。

簡単に言えば、内容がちゃんと伝われば、どちらも効果的に伝わったと判断できます。しかし、大抵はそう単純ではありません。特に「売る文章」は、その効果によって、売り上げが左右されるのです。

会員募集でも、問い合わせでも、目的達成率が大きく変わります。重要だということはこれだけでも十分に伝わるでしょう。

もっと、言えば、ほかのことがいくら良くても、「売る文章」が悪ければ、売り上げはゼロになります。いくら商品・サービスが良くても、集客がうまくいっても、ホームページあるいはランディングページがいくらきれいでも、ランディングページの「売る文章」がダメなら、売り上げはゼロです。

逆に、集客はわずかでも、ランディングページで行動させることができれば、商品は売れます。

これいいですよね。「売る文章」はそれほど重要だということです。

ネットビジネスにはホームページは必須

「HPがなくても、集客できる。ネットビジネスで成果は出せる」という話に関しては、ネットビジネスにおいて、ホームページを持たずにできることはまずないということです。ですから、「HPがなくても・・・・・・」に関しては否定します。少なくとも私たちはそういうネットビジネスを見たことはありません。

ですが、広告の趣旨はそこではなく、セールスコピーを身に着けるという点では拍手を送ります。その通りだと考えます。

この広告は、怪しさ満載ですが、内容をちゃんとわかるなら、勘違い程度で済みますが、初心者ならどうだろうと思います。なぜなら、ランディングページを作るときに、「これって、ホームページと同じ」と気づく方もいるはずです。

私たちが言いたいのは、ネットビジネスの中心には必ずホームページ(サイト)がなければいけないということです。作ったホームページ(サイト)の1ページにランディングページを作れば済むことです。

さあ、がんばってホームページ(サイト)を作りましょう。そうしておけば、ここの広告の商品を買ったとしても、すぐに対応できるのですから。

はじめてのネットビジネス構築

知識ゼロ!経験ゼロ!資金ゼロ!
たった一人で起業するあなたへ

完全無料!目指せ年収1000万円!

わずか80数ページのテキストがあなたネットビジネスのスタートを支援します。この無料のテキストは、次の方がネットビジネスを始める時に役に立つように、MiMa-promotionの経験をまとめたものです。

もちろん、この無料の資料だけでも起業ができるように構成しました。ですから、ネットビジネスで起業をしたいが迷っている方、すでに起業したけど思うような成果を上げられない方に、ぜひ、読んで欲しいのです。ネットビジネスの全体像が理解できます。