儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!ーその2ー

プロ並みホームページをつくるには才能とセンスが必要?

あなたが「プロ並みのホームページはセンスや才能がないと作れない」、あるいは、「ホームページ制作会社やWebデザイナーは、デザインのセンスや才能にあふれた人」と考えているなら、それは大きな勘違いです。最初からセンスや才能にあふれた人がいないとは言いません。しかし、もし、したとしてもほんの僅かな人達です(本当に限られた人だということです)。

言い換えれば、「誰でもできること」ということです。誰でもです。もちろん、パソコンが使えないあなたでさえ、プロ並みデザインのホームページを作ることができます。

では、早速、「プロ並みデザインのホームページ」のポイントを紹介していきます。

プロ並みのホームページとは、3つの条件

さて、私たちは「誰でもプロ並みのホームページは作れる」ということはずっと伝えてきました。これを信じる人もいますし、そうでない人も少なくありません。しかも、私たちは、「専門知識など一切必要がなくてもできる。」ことを伝えてきました。

専門的な知識、例えば、HTMLやCSSといった最低限の知識はもちろんですが、JAVAやPHPなどがなくても、プロ並みのホームページはつくれます。

では、プロ並みのホームページとはどういうものでしょうか?私たちのいうプロ並みのホームページには次も3つの条件があります。

プロ並みというのは言い換えれば、「素人っぽくない」というイメージを与えるということです。これができれば、何も、複雑な動きをしていないといけないとか、複雑なレイアウトにしなければいけないとか、そうしたことは、何も必要ないのです。

3つの条件に付いて、もう少し、詳しくお話します。

プロが作ったように見えるもの

プロ並みに見えるホームページとは、プロが作ったように見えればいいのです。プロが作ったホームページに近づけるという意味でも、プロになるという事でもありません。「プロが作ったような雰囲気を与える」という意味です。「プロっぽい」で充分だということです。

WordPressを使えば、それはとても簡単なことです。テーマを選択すれば、あとはテーマが管理してくれます。つまり、テーマさえ、あなたのビジネスにピッタリなものを選ぶだけで、「プロ並みに見えるホームページ」の全体像を作ることができます。

複雑ではなくシンプルなデザインにする

素人っぽく見えるホームページは、とにかく、ごちゃごちゃしてます。なんでも盛り込もうとしています。そして、カラフルです。バナーも華やか、本文も華やか・・・あっちこら拝借、こっちから拝借・・・結果、いろんな色(考え方)が畔ってしまうようなデザインになってしまいます。

どこをどう見ればいいのかすら、迷ってしまいます。

あなたは、「ヒートマップ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ホームページのどこをたくさん見ているかを分析する方法の一つです。F型とかZ型とかあります。これは、人がよく見る場所に、伝えたいことを載せていこうという考え方になります。

ですがもし、本文だけなら、ヒートマップなど考える必要はありません。本文しかないのですから。これほどシンプルな構成はほかには存在しません。

私たちの言うシンプルとはこういうことです。一つしかないにしてしまえば、見た目にもシンプルになりますし、何より、どこを見ればと考えさせることもありません。

参考までに、色は3色まで、そして、余白を活かす。いかがですか?この3つだけに絞れば、プロ並みデザインのホームページになっていきます。落ち論、プロのデザイナーも、それを基本にしているのです。

考え方もシンプルですから、迷うことなど何もありません。

まとめると、プロ並みデザインのホームページのページ構成は、本文だけ、使う色は3色まで。た経ったこれだけでプロ並みのホームページは出来上がります。しかも、これだけ、インパクトは与えることができます。

インパクトを与える

あなたはインターネットを使って調べものをしていて、「同じようなデザイン」を見ることがありませんか?「あれっ?よく似たサイトがあったな。」って思ったことがあるでしょう。それはある意味しかたがないことです。特に、WordPressを使った場合、ホームページのフレームワークは、テーマによって決まってきます。そして、多くの人が成功した人が勧めるテーマを選択します。つまり、同じフレームワークを使うのですから、似たようなデザインになるのです。

差をつけるとしたら、「本文のデザイン」です。

本文のデザイン、レイアウトをHTMLやCSSを使うか、PHPやスクリプト言語を使うのがこれまでの方法です。

でも、それを学ぶ時間は決して短いものではありません。特に個人でビジネスをしているあなたには、多くの時間を使うことになります。講座を受けたとしても、寄り道をしないくても、想像するより多くの時間が必要になるでしょう。

そこでお勧めするのが、「Elementor」です。

Elemenntorは、ページビルダーと呼ばれるツールです。文字通り、ページを作るためのツールです。構成も、装飾も、すべてできます(いつか詳しい話をする予定です)。

Elementorを使えば、様々なページ構成でホームページを制作できます。文章だけでなく、見出しも、画像も、写真も、動画も扱うことができます。

あなたのアイデアを表現することができるのです。つまり、インパクトのあるページ構成をHTMLもCSSも、ほかのプログラムを使うことなく、作り上げることができます。

遅くなりましたが、インパクトとは、読者に対するサプライズだと考えていいと思います。クリックしたら、驚くようなページ構成が目に飛び込んでくる。そのアイデアはあなた次第です。

安心してください。あなたのアイデアは、WordPressとElementorが引き受けてくれます。もうHTML/CSSやほかのことを学ぶ時間など必要ありません。

足すことより、引くこと

プロ並みデザインのホームページに必要なことを説明してきました。必要な3つの条件も説明してきました。理解し、実践するのが難しいという方がいるでしょうか?それほどシンプルな条件です。

もし、それでも難しいと感じる方がいるなら、3つの条件に合うようにするためのとっておきの方法をお伝えします。それは「欲張らない」ということです。そして、その究極が、「徹底的に引くこと」です。

余分なものは、すべてなくすのです。もし、許せるなら、「伝えたい本文だけを集めたもの」、書籍のようなものができることが望ましいと考えています。

デザインの勉強をした人は、「引くことの重要性」を何度も学んだと思います。なぜなら、「デザインの基本」なのですから。

私たちのホームページでも、まだ、多いのです。

サイドバーに何を載せますか?それは絶対に必要ですか?答えは「No」です。多くの場合、サイドバーにあるのは、メニューか、プロフィールか、広告か、ほかには?それは、本文と一緒になければいけないものでしょうか?何度も何度も見せるものですか?

もし、あなたのビジネスモデルに必要ないものなら、「引いて」ください。

私たちは、そうして今のホームページになっています。そして、まだ「引けないか」と今も考えています。

プロ並みデザインのホームページを目指すなら、プロになることを考えるより、読者がいかに見やすいかを考えてみましょう。プロが作るならと、「欲張って」しまってはいないでしょうか?

私たちの考える「プロ並みデザインに見えるホームページ」とは、シンプルであることが一つの条件です。まず、不要と思うもの、必須のものに分けて考えてみてはいかがでしょうか?それが近道になるかもしれません。

儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!

儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!-その1-

儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!ーその1ー 安定した経営のためにプロ並みホームページは社長が自作する ネットビジネスで「物販」をしたいと考えたときに、重要になるのは、「ホームページ」であることは誰も疑わないでしょう。個人ビジネス ...
続きを読む

プロ並みに見える7つのポイント

シンプルで、インパクトがあるホームページをプロ並みデザインのホームページという話をしてきました。少しばかり、漠然としていると感じるでしょう。もっと具体的にって望れる方もいるでしょう。

では、逆に、「プロっぽく見える」とはどういうことなのかを考えてみました。素人っぽいホームページとはどういうものか?について少し話をします。

プロ並みというとかなり幅が広く感じると思います。例えば、トヨタやホンダなどの車関係のホームページのようにホームページの中で動きがあるというのは、プロっぽく感じるでしょう。アパレルなどでは、洗練された写真を多用しているデザインなら、プロっぽく感じるでしょう。

プロ並みの定義はかなり怪しい表現とは思います。様々な要素がかさなっていることがその要因です。

では逆に、「素人っぽい」ホームページとはどういうものでしょうか?

シンプルにいえば、「見ていて落ち着かない」というものは素人っぽいと感じるホームページの特長ではないかと思います。

私たちも最初に作ったホームページはまさに、「ごちゃごちゃ」していました。作るときには、「ここのホームページのこの分がいいから取り入れよう。」ってな感じで、あれもこれも詰め込んでいました。2カラム、3カラムを使って、本文以外の場所にもたくさんの情報を入れて・・・・・・まとまりのない情報を入れ込んでいました。

今思えばかなり欲張りなホームページです。

プロ並みに見えるホームページの特長は次の7つのポイントを抑えることです。

もうお分かりだと思いますが、「プロ並みに見せる」ためには、シンプルにするのが一番簡単なのです。欲張らなければいいだけの話です。

だが、これが難しいのです。

ビジネスです。商品を売りたいのです。商品を買ってもらいたいのです。広告をしたくなるし、商品の良さを伝えたいのです。

「この商品はいいよ」といわなかければ売れないと大半の経営者は考えます。「この商品は安いよ」と伝えなければお客だんが集まらないって考えます。

だから、多くの時間をそれに費やします。それに必死になります。だから、お客さんは、「疲れます。」「あっけにとられます。」「疑います。」結果、お客さんは集まりません。あなたが受け取るのは、高い広告の請求書だけです。通帳の残高が高くなるより、バックヤードや倉庫には売れない商品の山を高く積み上げるだけになります。

そして、毎晩、眠れない夜を迎え、「なぜ、売れないのだろう」と考え、次の日に、これまで以上に、「これはいい商品です」「これは安いです」「この商品はお買い得です。」と広告をします。

この繰り返しをします。

こういう人がネットビジネスをすれば、さらに、大げさになってしまいます。いくらWordPressを使っても、いくらElementorを使っても、ところ狭しと、広告が掲載されます。なぜなら、ネットビジネスでは、文章でしか伝えれません。しかも、いつお客さんが来るかわかりません。どんなお客さんが来るかわからないのに。

当然のように、ホームページのデザインは置き去りになりますし、綺麗なホームページなど望めません。掲載できるだけの広告をあっちにもこっちにも書きます。「この商品はお買い得」だと書き続けます。

自ら、お客さんを遠ざけるホームページをWordPressで作ることを毎日考え、毎日Elementorを使って、売れないと嘆くだけです。

プロ並みのホームページとは、そういうホームページだと信じてしまうのです。

目指すのは、シンプルです。売れる人も売れない人も使うツールは同じです。WordPressとEementorだけです。プロ並みに見えるだけで充分なのです。ですから、シンプルを目指してください。たったこれだけでいいのです。

プロ並みデザインのホームページを作る心構え

プロ並みデザインのホームページを作るには、シンプルを心がけます。簡単に思うかも知れませんが、これ以外と難しのです。

その理由は、先ほどもお話したように、「売りたい」って気持ちが優先されるからです。そして、もう一つ、「競合他社との比較」にあります。つまり、競合他社がしていることは、「しなくては競争できない」と考えてしまうのです。

もっといえば、競業他社がしていることを「捨てる」ことができないのです。

シンプルにするには、余計なものはどんどん捨てなければいけません。たとえ、競合他社が採用していても、「自分には必要ない」と考えるなら、それは捨てるのです。

引き算の思考、あるいは、断捨離の思考に似ています。必要なものだけを残すのです。これに徹していただければ、「プロ並みに見えるホームページ」は誰でもできます。

重要なのは、「何を伝えるか?」をはっきりさせることです。そして、それは「誰に読んで欲しいか?」を明確にすることです。

この2つを心がけているだけで「プロ並みに見えるホームページ」は誰でもできます。

裏の話を少しすると、プロとしてホームページの制作をしている人の中には、この2つを無視する人もいます。「自分の持っているテクニックをふんだんに組み込もうとする人」がいるのです。自分のアピールとしてです。

個人でネットビジネスをしている人の多くは資金が乏しいことが一つの共通点です(私たちも起業当初は資金がなかった)。そうでない経営者もいるでしょう。しかし、多くは少ない資金でやりくりをしています。そうした経営者がホームページを外注に出すとしたらフリーランスか中小の制作会社になります。

特に注意をしなくてはいけないのは、フリーランスです。テンプレートを多用し、自分の技術をふんだんに入れようとします。なぜなら、「自分の実績」になるからです。お客さんのためではなく、自分の営業に使うために、自分の技術を使うのです。そうしたホームページを得たなら、「すごく儲かる」と思ってはいけません。

例えば、複雑な動きをするのは、読者は読みにくいものです。吹き出しなども読みにくさを与えます(個人的には吹き出しがある記事は読みません。その理由は、わざとらしいからです。実際、そうした記事の内容は、文字だけなら、数行で済むような内容が多いです)。

個人的には、これでもかというほど削ったホームページにあこがれます。そして、そういうホームページは、大抵は、ホームページ制作だけでなく、デザインの分野でも有名な人です。決して、プログラムのテクニックに酔っているホームページ制作会社のデザイナーではないということです。さらに言えば、内容も「濃い」です。

本文がメインですから、簡単な内容では、すぐに飽きられてしまいます。ですから、本文には、有効な情報が満載です。

WordPressとElementorを使えば 、凝ったホームページはできます。動きをつけることもできますし、表現方法も多彩です。どれを使うかはあなたの自由です。ですが、シンプルにすることです。外注するにしても、「シンプル」なデザインをお願いしましょう。

あなたがWordPressでホームページを作ろうと決めたなら、そこに必要なのは、「お客さんがわかるホームページをつくろう」と決めることです。どこを押せばいいかわからにような、複雑なものを作ってはいけません。

それは、かっこいいものではないかもしれません。しかし、お客さんが「わからない」と二度とあなたのホームページには訪れません。

あなたもお客さんの一人です。それを忘れてはいけないのです。

人生でも同じでしょ。「人が嫌がることはしない。自分がしてほしいことをしてあげる。」これがプロ並みのホームページを作るとき、最も必要な心構えになります。

 

次回は「儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!」の最終回

「儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!ーその2ー」はいかがでしたか?参考になることがありましたか?

儲かるネットビジネスのためのホームページとは、「プロ並みデザインのホームページ」だということです。別に、あなたにプロと同等の知識や技術を身につけなさいということではありません。プロのように見えるだけでいいのです。これが今回の話です。

そして、そのためにあなたがすべきことは、内容の断捨離です。いかにシンプルに仕上げるか?シンプルにすればするだけ綺麗なホームページになります。あなたの部屋と同じように。そこに魅力が生まれます。ホームページがプロ並みに見えるようになれば、あとはコンテンツに集中するだけです。

次回は「儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!」の最終回です。より実践的な話をする予定です。

完全無料 目指せ!1000万円ネットビジネス構築

今からネットビジネスで起業しようと考えているあなたへ

知識ゼロ!経験ゼロ!資金ゼロ!それでも、ネットビジネスを始めたい方へ、

私たちMiMa-promotionの経験をまとめたこのテキストをお届します。
このテキストは、ネットビジネスを12ステップで解説しています。1ステップごと学び、実践するだけで、ネットビジネスが出来上がるという寸法です。

ですから、あちこちからネットビジネスのノウハウもテクニックも集める必要はないということです。

全80数ページのこの「目指せ!1000万円ネットビジネス構築」があなた起業のスタートラインに!

 

目指せ!1000千万ネットビジネス構築

2つのことに注意してください。1つ目は、このテキストによって得た成果はすべてあなたのものだということ。私たちがそれに対し、請求することはありません。
もう一つは、このテキストを手に入れるためにメールアドレスが必要です。ですが、記入していただいたメールに、メルマガの登録も、商品を売りつけることにも利用しません。