ホームページのデザインがすべてではない、が綺麗なほうがいい!

ホームページ制作の2021年トレンドになりそうな 5つのポイント

ホームページのデザインは進化しています。しかも、WordPress5.0になって、ブロックエディタが標準で使えるようになってからその進化はどんどん早くなっています。Elementorをブロックエディタで使っている人は、その進化の早さは苦にならないでしょう。たとえ、あなたが、これまでホームページを作ったことがなく、HTML/CSSの知識を一切もっていなくてもです。

とはいえ、最新のトレンドを知るのは簡単なことではありません。そこで、2021年のホームページデザインのトレンドになりそうな7ルのポイントについてお話をしたいと思います。

ぜひ、あなたのネットビジネスの中核になるホームページの参考にしていただければ、幸いです。

ホームページのデザインの現状を知ろう

ホームページの制作において、私たちMiMa-promotionは社長自ら作ることをおすすめしている。特に個人ビジネスの場合、自作はメリットが多いうえ、負担も少ない。だが、まったく経験がにことなら、「自分には無理」とあきらめる人が多いのも事実である。

そうした人も含めてはっきり言っておこう、ホームページの制作はすでにプロだけの領域ではない。その理由は、簡単です。

ざっくり説明します。

WordPress+Elementorという制作環境は、2018の年末、実際には2019年に大きく変化しました。それまでもWordPressも、Elementorも存在していました。ですが、WordPressを使っても綺麗なホームページを作ろうとすれば、専門知識が必要でした。当時のElementorは、ブロックエディタとして存在しましたが、「自由なデザイン、レイアウトはできない」状態でした。

しかし、2018年末にWordPressは新しくなりました。2019年には、テーマにおいても新しくなったWordPressを活かすためのテーマがどんどん現れました。そして、何より重要なのは、本文を自由にレイアウトできるElementorの内容も変わったことです(大抵のことはElementorで作ることができます)。

今、WordPressを使ったホームページの制作において、Elementorを使うことで、まったく経験のない素人でも、綺麗なホームページが作れるようになったのです。

特定の人気がある有料のテーマを使う必要もなければ、専門知識としてCSSを学ぶ必要もなくなりました。プラグインも少なくできました。そして、レンタルサーバーの仕様まで大きく変わってきました。

ホームページのデザインにおいて、レイアウトは重要な要素の一つです。それが、自由にレイアウトできるようになったのです。たとえ、あなたが全くの素人であっても、WordPress+Elementorの制作環境さえ用意できれば、ホームページのデザインが進化しても、すぐに応用できるのです。

しかも、WordPress+Elementorの制作環境は、まったくの素人向けということではありません。いあみゃプロのホームページ制作会社でさえ使っています。特に個人でホームページ制作をしているフリーランスの方は積極的に使っているということです(もちろん、大きな起業でも同じですよ)。

ホームページのデザインですが、プロはゼロから作っていると思わあれがちですが、決してそうではありません。多くのホームページの制作会社(Web制作会社ともいわれます)もゼロから制作することはまずありません。

プロは、多くのデザインの元、つまりテンプレートを集めています。テンプレートといっても、ホームページのテンプレート集などありません。既存のホームページのデザインを常に参考にしているのです(部分的にパクッて応用している)。

これは、別にプロでなく手もできることです。あなたもできます。自分の気に入ったホームページのいくつかを組み合わせるだけです。そして、それをElementorで作るだけです。

何も難しいことではありません。

ホームページのデザインに力を入れたいならトレンドを見逃さない

ホームページのデザインは、ネットビジネスにおいて、さほど大きな影響があるモノではありません。ですから、基本的なことだけを知っているだけで十分です。

とはいえ、気にする人が少なくないのもホームページデザインの特長です。つまり、「奇麗なホームページ」を求める人が多いということです。

他の人のマネをするのは、ホームページのデザイン力を上げるためにはとても良い方法です。プロのでホームページ制作者は毎日していることといっても過言ではありません。

でも、それだけではなかなかホームページのデザイン力を上げることは難しいです。

ホームページのデザインに力を入れたい人は、他のホームページも良く見ています。「マネ」をすることが上手な人です。ですが、常にマネをするだけでは特徴のあるホームページを作ることはできません。

もし、あなたがホームページのデザインを気にするなら、注意するのは、他の人のホームページだけでなく、「トレンド」を見つけることが必要です。

ホームページのデザインのトレンドを知る方法はいくつかありますが、効果的な方法がないのが現状です。ですから、地道な方法しかないといっていいでしょう。

地道な方法とは、昔のホームページのデザインを知って、今のホームページのデザインを比較して、どういう点が違うのかを見つけ出す方法です。

でも、この方法は、時間がかかります。常にホームページのデザインを集めておかなければいけません。これだけでも、大変な仕事になります。

そこで利用したのが、ホームページのレイアウトを集めたサイトです、いくつか、紹介しますので、一度見てもらえるといいです。

今回は、私たちが感じている、ホームページのデザイン、つまり、2021年に流行りそうなデザインのポイントを7つ紹介します。

今注目されてるホームページデザインの5つのポイント

2021年、ホームページのデザインはこれまでとかなり異なるように感じています。車でいえば、イメージチェンジではなく、モデルチェンジに近いイメージです。特に注目されるのは、「動き」です。画像はもちろんですが、テキストにも動きを持たせることが多くなってきそうです。「視差効果」がこれまで以上に注目されそうです。

2021年のホームページデザインの特長を一言にまとめると、「シンプル」「動き」ではないかと思います。もっともイメージしやすいのは、「書籍」に近いイメージです。

電子書籍+ホームページというのが一番イメージしやすいのではないでしょうか?

では一つ一つ解説をしていこうと思います。

セリフフォントの活用

これまで、ホームページのフォントはサンセリフが推奨されていました。その理由は、機械の性能によるものでした。古いパソコンでは解像度が低く、セリフフォントの特長を表現できませんでした。何より、読みにくいという欠点も持っていました。

ここ数年で機械、パソコンをはじめ、タブレット、スマホも解像度が上がりセリフフォントでも十分にその特長を表現できるようになってきました。読みにくさも無くなってきたのです。

もう一つ、セリフォントが利用されるであろう理由は、発信される文章の長さにあります。

いま、情報発信は、ホームページに限らず、多くの方法があります。知識がなくても、誰でもできるようになってきました。それにより、同じ話題について多くの人が情報発信している状況んなっています。

その結果、より詳しい内容が発信が余儀なくされています。つまり、長い文章が多くなってきたのです。長い文章を読むのは疲れます。読みやすさが求めれるようになってきました。ですから、読みにくいサンセリフフォントよりセリフフォントがこの好まれるようになってきたのです。

動きのあるサンセリフの応用

では、これからはサンセリフは使われないのかといえばそうではありません。サンセリフフォントの特長の一つは、インパクトです。

たとえば、タイトルや見出しに使うのは、良い例です。これまでと何も変わりません。ですが、これからは、より強調するために、「動き」を付けていこうということです。

ここでいう動きとは、動かなければいけないというわけではありません。色やサイズに変化をつけるということも含まれます。セリフふぉんとを使うときには、文章にリズムをつけてアピールしていこうということです。

白黒のデザイン

カラフルよりシンプルなデザインを採用しようという動きも盛んです。その一つに、「白黒デザイン」です。

例えば、枠を作るときは、黒い枠をつけようとかた、絵は黒い線を使った線画にしようということです。

その目的は、メリハリをはっきりさせようということに尽きると思います。シンプルの中にも、よりインパクトを持たせるのです。カラフルなものは、きれいに見えます。これは誰もが感じるでしょう。ですが、つたえることを確実にするためには、単に奇麗ではなく、強い印象を与えようということなのです。

まだ、ホームページを運営している人の大半は、カラフルさや奇麗ということに夢中です。ですから、いち早く「インパクト」に注目すれば、それだけ有利になりますし、しかも、長く使えます。

原色カラーの使用

奇麗なホームページを作るときに、多様されるのは中間色です。最近見たテーマにも、中間色が使える、あるいは、パステル調の色が使えることを特徴にしたものが発表されました。

今現在、そうしたデザインが好まれているのです。いいかえれば、まだ、中間色に夢中になってホームページをつくっている人がいるということです。

ですが、これからは、原色に注目が集まりそうです。理由はここまでお話してきた通り、「インパクト」です。シンプルでかつインパクトのあるホームページのデザインが2021年に注目が集まると予想されそうです。

画像の活用法

インパクトを与える最も大きな要素は画像です。写真も同じです。画像は、「100の言葉より1枚の画像」といわれるほどですから、画像に関しての予測も重要です。

画像に関して、最近の傾向としては2つあります。

一つは、3D画像です。通信インフラが充実してきました。3D画像は情報量が多いのです。ですが、多くの情報を送信できるようになってきたということです。さらに言えば、2021年には、5Gが広く使えるようです。4Gから5Gへ移行すれば、情報量は格段に大きくなります。5Gをどう使うかは、今、多くの企業が研究している状況です。

もう一つはちょっと理解しにくいことかも知れません。ですが、これはインパクトとしてはとても大きいです。それは、「シュールレアリズム」です。

これまで、画像は文章や言いたいことことに関連したものを使うことが一般的でした。ですが、このサイトでは何度お話しているように、サイトが簡単にできることから、情報は増加する一方です。私たちのように、「ネットビジネス構築アドバイザー」、あるいは、コンサルタントなども、びっくりするほど多くなっています。アフィリエイトや、Youtuberなども、「成功するアフィリエイトの方法」だとか、「月収○○万円のYouTuberになった手順」など、同じ内容の記事が毎日、驚くほど発信されています。

そうした中でインパクトを持たせる一つの手法として「シュールレアリズム」という画像の使い方が注目を集めています。

シュールレアリズムとは、抽象画の一つです。まったく意味不明というものではなく、関連性が意味不明というものです。まだ、具体的な方法と言われると「これです」というものはありませんが、かなりインパクトを与えるには効果的だと考えています。

ホームページのデザインは個性が必要である

ホームページのデザインは「個性」が必要です。最も危険なのは、同業者と同じデザインです。あるいは、見慣れた、どこにでもあるデザインです。

ホームページのデザインにもアイデアが必要です。アイデアとは、「自分らしさ」です。自分はどういうものを好むかを知る必要があります。それを見つけられないうちは、思うようなホームページを得ることはできないでしょう。

もちろん、個性のないデザインには、ファンもできません。

YouTubeを見るでしょう。同じような内容のチャンネルはあります。その中でも、きっとお気に入りはあるはずです。「この人のチャンネルが好き」というものがあるはずです。内容が同じものをすべて見る人はいないでしょ。お気に入りだけを見るものです。

ホームページも同じです。あなたが扱う商品やサービスがあなたしか扱っていないなら、多くの人があなたのホームページに集まるでしょう。どんなザインであっても、集まってきます。しかし、そうした商品やサービスを扱っている人はほんの少しです。大抵は、あなた以外にも商品やサービスを扱っています。

そうした中で、あなたのホームページに集まっているお客さんは、あなたのホームページのデザインが気にいっているからにほかなりません。

ホームページのデザインがすべてではありません。だからといって、それを無視していいというわけではありません。

セールスコピーがいくら良くても、コンセプトがいくら良くても、それを表現するホームページでがっかりされては元も子もありません。

個性を出すには、まず、自分の好みを知ることからです。自分分析が必要なわけですが、多くの経営者は、わかっていても、自分を知ることを恐れます。また、面倒だと感じています。特に個人ビジネスにおいて、「個性」を出すことまで気を回せる人は多くありません。

ですが、これは大企業でも「個性」を出すことに必死です。個人ビジネスにおいても当然しなければ、大企業もあなたも同じネットビジネスをしているわけです。個人ビジネスをしていればお分かりだと思いますが、広告にしても、ホームページデザインにしても、そこに使える費用の差を実感していることでしょう。

もし、個人ビジネスで唯一できることは、「より強い個性」を出すことに注力することです、つまり、ホームページでインパクトを持たせることは、個人ビジネスのおいて、決してさぼっていいわけではないのです。

ホームページのデザインを気にするならElementorは必須である

ホームページのデザインについて2021年に人気が出そうなことを5つ紹介しました。最新の情報をお届けしました。もちろん、絶対にそうなるというものではありません。しかし、どれも、最新のホームページデザインについての話です。

こうしたデザインの話において、重要なのは、それを実践するにはElementorについて知っておくことです。

Elementorは決して難しい操作はありません。誰でも使うことができます。ですが、多くのセクションがありますし、多くのブロックを作ることができます。組み合わせは無限にあるといっていいです。

私たちが紹介しているのElementorでも無料版の範囲です。今回紹介したものも無料版で充分に使える内容です。ですが、Elementorが使えなければ、それを試すこともできません。

MiMa-promotionでは、「初心者でもプロ並みのホームページ制作プログラム」を用意しています。このプログラムの特徴は、WordPressを使ったホームページの手順を紹介しているだけでなく。Elementorの使い方や数多くの有効なセクションを解説をした、購入者専用のサイトが用意されている点です。

つまり、このサイトを見れば、セクションを選ぶときに迷うこともなく、さらには、その使い方まで解説されているので、初心者でも、自分が思うようなデザインに仕上げることができるのです。

セクションは、Elementor だけでなく、Elementorのセクションを補強する多くのセクションを紹介していく予定です。つまり、「Elementorのセクション辞典」になればと考えています(かなり時間が必要だとは思っていますが)。

これを手に入れていただければ、今回紹介したことも試すのは難しくはないでしょう(というより、簡単に試せます)。

ぜひ、参考にしてください。

ホームページのデザインがすべてではないが・・・・・・

いかがでしたか?

2021年は始まったばかりです。ですが、2021年はインターネットビジネスが私たちの生活において大きな変化を与えるでしょう。2020年のコロナの影響は、ネットビジネスに大きな影響を与えるには十分なものです。

ですが、ホームページのデザインは、必須要件だとは考えてはいません。もし、同じ商品を扱っているなら、「綺麗なホームページ」「魅力的なホームページ」のほうが信頼を得やすいのは、一人の消費者としては間違いのない判断基準だと思います。

常に新しいホームページのデザインを取り入れることは、ほんのわずかな違いであったとしても、必要な努力であり、正しい努力だと思います。

もし、あなたが自分ビジネスに真剣なら、参考になること、取り入れたいことが一つくらいはあったはずです。すぐに取り入れるのは難しいものもありますし、すぐに変えることができるものもあります。

これ以外にも、まだ、多くのことが出てくる可能性はあります。しかし、今の変化から予測されたことです。試してみるだけでも価値はあるはずです。

あなたのネットビジネスの成功の参考になれば幸いです。