一人でネットビジネスをするあなたを応援する名言集

あなたは弱くない!成果はもうそこまで来ている!

このページの内容は必ずしも成果が出る知識とは言えません。しかし、あなたがネットビジネスで成果を得るために、人生の幸せを得るためになる「名言」がたくさんあります。きっと、明日は、笑顔で頑張れる自分になれます。

もちろん、同じ言葉でも人それぞれ受け止め方は違います。ですから、あなたが気に入ったものがあれば、その言葉から元気をもらってください。一人でビジネスに向かえば、苦しく、つらく、辞めたくなることなどたくさんあります。こ子にあることで、あきらめることをあきらめてもらえれば、幸せます。

※これは私が毎日見て、元気をもらうことができるものです。マインドセットといえるかもしれせん。しかしそれ以上の効果があるものです。もし、良ければ参考にしてください。

※一部は、原文ではなく、ネットビジネス向けに編集しています。また、出典先が分かるものは記載していますが、多くは、出典先が不明です。つまり、生活の中で「元気がもらえる」と感じた言葉を書き留めてきたものです。

※偉人の名言は、ほかのサイトにもありますので、そちらを参考にしてください。

※紹介する順番に意味はありません。

元気がもらえる名言

バレーボールつうのはな、ネットのこっち側にいるいる全員もれなく味方なんだよ。(アニメ:ハイキュー)

上を見続ける… それが生きるコツさ…(ピーナッツ:スヌーピー)

配られたカードで勝負するっきゃないのさ… それがどういう意味であれ(ピーナッツ:スヌーピー)

もし何かをちゃんとやりたいんなら、自分でやるべきだよ!(ピーナッツ:スヌーピー)

人間て恋に落ちるものなんだ、わかる?で、恋に落ちると、世界が全く違って見える!空はより青く、草はより緑に そして鳥たちの歌はより甘くなる(ピーナッツ:スヌーピー)

水皿にぼくがうつってる… もし全部のんじゃったらぼくはみえなくなる… ぼくはすごくのどがかわいてもいる… でもぼくを見てる方がいいや!(ピーナッツ:スヌーピー)

自分が小さいからってこわがることないよ やり返すことをおぼえるんだ!誰にもこづきまわされないようにするんだ!(ピーナッツ:スヌーピー)

口先ばかりの優しい言葉は何の役にも立たない(ピーナッツ:スヌーピー)

へいをのりこえたけど、そこも世界の外ってわけじゃなかった!(ピーナッツ:スヌーピー)

一度うまくいったら、もう一度やらないって手はないだろ?(ピーナッツ:スヌーピー)

見つめていてもご飯皿はいっぱいになったためしがない!(ピーナッツ:スヌーピー)

何も期待しなければ、何も得られない(ピーナッツ:スヌーピー)

人生という本には、うしろのほうに答えが書いてあるわけじゃない(ピーナッツ:チャーリーブラウン)

より良い人間になると、暮らしも良くなるって言うよ…(ピーナッツ:チャーリーブラウン)

気持ちいい笑顔ほど魅力的なものはないな(ピーナッツ:チャーリーブラウン)

心配するのは一回に一日分だけってきめたのさ!(ピーナッツ:チャーリーブラウン)

なぐろうとすると、人にはなぐり返そうとする傾向があるってことが観察によって分かってきた(ピーナッツ:チャーリーブラウン)

自分以外の人間になりたいと願いながら、人生を送るのは耐え難いって(ピーナッツ:チャーリーブラウン)

あたえることだよ!ただひとつのほんとうの喜びはあたえることだ!(ピーナッツ:チャーリーブラウン)

雨は正しい者にも正しくない者にも降るのさ(ピーナッツ:チャーリーブラウン)

新しいアイデアは繊細なものなんだ。笑われたり、あくびされたらもうダメ。頼みにしていた人に皮肉を言われればアウトだし、ちょっとしかめ面をされただけで死ぬほど心配になっちゃう(ピーナッツ:チャーリーブラウン)

いつかは大きくなってだれの助けもかりずに人生と対決しなければならなくなるのよ…(ピーナッツ:ルーシー)

バカげて見えるって自分で知ってれば、バカげててもかまわないのよ!(ピーナッツ:ルーシー)

先のことを考えてもしょうがないわ。いますぐできる目標を立てることが大事なのよ。(ピーナッツ:ルーシー)

絶対に起こりもしないことを恐れて、人生をダメにしちゃいけないわ…(ピーナッツ:ルーシー)

理解できるような助言はきかないこと… ぜんぜん役に立たないにきまってるわ!(ピーナッツ:ルーシー)

恋とは自分で自分の言っていることがわからないってこと(ピーナッツ:ルーシー)

あなたのいけない所はね、自分を信じないことよ!自分の能力を信じてないのよ!(ピーナッツ:ルーシー)

わたしの人生よ、それを生きなきゃならないのはわたしよ!(ピーナッツ:ルーシー)

悪いことをしたと思ったら、すぐに謝る。悪いことは、人に迷惑をかける。決していい思いなどできない。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

ウソは次のウソにつながる。そして、最期には自分の中でウソではなくなる。人と仲良くしたいなら、ウソがいけないのはそういうことである。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

友達が悪いことをしたら、それを止めれるのが友達。見て見ぬふりをするのは、友達ではない。自分に悪いことが降りかからないようにしているだけの付き合い(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

隠し事は、いくら隠してもどこかでばれる。ばれていないと思ているのは本人だけだ。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

誰にでも笑顔で接する。そこから幸せはやってくる。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

悪いことをすれば、周りに陰口を言われる。陰口を言う人が悪いと思う人もいる。だが、そもそも悪いことしなければ誰にも陰口など言われない。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

正直者は損をする。いや、悪いことをして得したと思って自慢する人がいるだけの話。損などなにもしていない。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

人にやさしくしてほしいなら、まず人にやさしくすること。与えてもらうばかりの欲張りには誰も優しくはしない。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

人の命を軽く見る人は、自分の命も軽く見られている。命より大切なものがほかにあるか?動物も赤ちゃんも、花も、みんな幸せになるために必死で生きている。必死で生きてる人にウソなどつく余裕はない。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

人は弱い。だが、弱さを人に向けてはいけない。自分の中に抑えておくこと、それが優しさという強さになる。縋る、頼る、頼む前に、自分で精一杯努力をする。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

自分が困っているときに親身になってくれるのが友達です。親身とは自分の家族用に考えることです。ですから、本当の友達の声は、時にあなたに厳しいことを言います。いつも顔色を見て、「どうにかなるよ」という人は、自分に危害が加わらないようにしているだけで、あなたのことなどどうでもいい人です。(隣のおばあちゃんが小さいころによく言っていた)

ビジネスを基本は、売り方とか戦術とか、ノウハウとかテクニックではありません。「人と人がなくよくすることです。(あるコンサルタント)

おかねに目がくらんだ経営者は、必ずと言っていいほど、お金に支配されます。つまり、お金に使われるビジネスをするようになります。これではお金持ちにはなれません。(あるコンサルタント)