【コロナ禍に生き残る】デジタルトランスフォーマー(DX)のすすめ!

あなたのビジネスはまだ死んでいない!

デジタルトランフォーマー(DX)という言葉をご存じでしょうか?最近、インターネットで調べものをしているとよく出てくる言葉です。そして、「コロナ禍の今こそ、デジタルトランスフォーマー(DX)のチャンス」みたいな広告文や動画を見るようになりました。デジタルトランスフォーマーとは?

2020年から続いている「コロナ禍」の状況は、2021年になっても一向に収まる気配を見せない。それどころか、さらに状況は厳しくなる一方です。「テレワーク」「ソーシャルディスタンス」「3蜜」などコロナ禍になって今までとは異なる、仕事のスタイル、生活パターンも生まれました。待ちゆく人は、みなマスクをつけ、素手でものを触りません。たとえ、スーパーで買い物をしても商品を選ぶ姿は消え、のぞき込むようように商品を見ています。どの建物に入っても必ず、「アルコール消毒」「検温」をされます。

経済にも大きな影響が出てきています。毎日のように「倒産」「廃業」のニュースも流れます。大手の企業の話かもしれません。しかし、中小企業、さらに、個人ビジネスにとっては、毎日が地獄の様相を呈してきています。「持続化給付金」という援護射撃もコロナ禍では安心できる材料ではなくなってきているように見えます。

2020年には、リアルビジネスの経営者もホームページを作る方が急増しました(Webデザイナーが足りないというほどに・・・)。私たちMiMa-promotionは、「経営者自らホームページ自作する」ことを勧めています。メリットが多いからですが、緊急事態だと感じる経営者は、「焦っています」かなり、切羽詰まっています。「自作」で時間を使う余裕などないと自分を追い込んでいるようになってきています(実際は外注に出すよりはるかに自作のほうが早くできるのですけどね、気が付かないようです)。

2021年、こうした状況の中で多くのビジネスコンサルタントが薦めているのが、デジタルトランスフォーマー(DX)です。デジタルトランスフォーマーとは何か?どういうメリットがあるのか?なぜ今なのか?考えてみました。

儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!

儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!-その1-

儲かるネットビジネスのためのホームページの必要性と自作のすすめ!ーその1ー 安定した経営のためにプロ並みホームページは社長が自作する ネットビジネスで「物販」をしたいと考えたときに、重要になるのは、「ホームページ」であることは誰も疑わないでしょう。個人ビジネス ...
続きを読む

ネットビジネスにデジタルトランスフォーマーは無関係?

デジタルトランスフォーマー(DX)とは、すごく簡単に説明するなら、「リアルの仕事をデジタル化しよう」「デジタルに変換しよう」ということです。難しいことやデジタル化の方法も様々なものがありますが、基本的には、今リアルでしていることをデジタルにする思考方法の一つだと考えていいです。

例えば、2020年には、リアルの店舗でホームページをもっていなかった経営者が、自社のホームページを作ることが増えました。これも、デジタルトランスフォーマーの一つだといえます。

例えば、商品の説明を動画にしてYouTubeで配信する(レビュー動画も含む)もデジタル化の一つです。

例えば、広告を画像にしてホームページに掲載することもデジタル化です。

まだまだ、たくさんの事例があるでしょう

最初からネットビジネスを組み立てる経営者には無関係

私たちMiMa-promotionは、「ネットビジネス構築アドバイザー」をさせてもらっています。これは、インターネットを活用したビジネスを組み立てることをお手伝いするということです。つまり、最初からビジネスをデジタルだけで完結するように組み立てるのです。つまり、デジタルを最初から考えているわけです。

デジタルトランスフォーメーションのターゲットになるのは、「リアルビジネスの経営者」です。ここ一つのポイントです。

なぜ、あえて言うのか?というと、新しい言葉には、新しいツールや方法があると考える人がいるからです。そして、「最先端」が好きな経営者がいるからです。

私たちが構築するビジネスは、集客から販売まで、販売からアフターフォーローまで、すべてがデジタルで構築します。最初からデジタル思考なのです。ですから、デジタル化するところは、すでにデジタルになっているのです。デジタルトランスフォーメーションはすでに終わっているのです。

もちろん、すべての業種で可能かといわれれば、無理です。例えば、建築業はデジタルできない業種の一つです。機械任せでビルは建ちません。「人」が必要です。漁師や農家もデジタル化は難しいでしょう。

「人」の力を全く使わないというのは難しいことです。最小にすることは可能です。最小の状態で構築するのが、ネットビジネスの構築です。

新しい言葉は魅力的です。ですが、「何ができるのか?」を知ることで無駄な時間を使わなくなります。

デジタルトランスフォーメーションの成功があるとすれば・・・・・・

リアルビジネスをデジタル化すること、デジタルトランスフォーメーションという方法の成功があるとすれば、それは、リアルビジネスを、完全にネットビジネスするということではないでしょうか?きっと「夢のような話」です。

あなたがリアルのビジネスをしていて、その一部をデジタル化したとしても、今ある問題を解決できるか?というのが一番の障害になると思います。

例えば、セイナーをパソコンを使った、ウェブセミナーにする(すでに多くの人がやっていますが)。としましょう。ウェブセミナーで商品・サービスをアピールできたなら、それを購入する方法が、リアル店舗なら効果はどれほどあるでしょうか?

例えば、ホームページを作って、自社を紹介したり、商品・サービスを紹介できたら、お客さんが次にすることは、何でしょうか?お店に来る?それとも、メールで問い合わせる?

例えば、商品・サービスを販売した後のアフターフォローは、どうしますか?それはデジタルできそうですか?

デジタルトランスフォーメーションに成功があるとすれば、それは、リアルビジネスをネットビジネスに完全変形することです。そうでなければ、どこかで、あなたとお客さんは直接接触しなければいけません。これでは、デジタルトランスフォーメンションの意味は半減します。いや、効果ゼロになる可能性もあります。

ビジネスで成功するために知らなければいけないこと

【完全保存版】ビジネスで成功するために知らなければいけないことーその1ー

【完全保存版】ビジネスで成功するために知らなければいけないことーその1ー ネットビジネスの正体を知る ネットビジネスは人気の職業になりつつあります。副業でも本業でも、インターネットを使って、ビジネスを展開していこう人は年々多くなってきています。ですが、その多く ...
続きを読む

デジタルトランスフォーメンションは目的をはっきりさせてから始める

ごく普通の話で申し訳ありません。デジタルトランスフォーメーション、なんとかっこい言い方があるのでしょうか?近あ言葉を使われたら、いちころですよ。恋愛ならね。

でも、ビジネスですから、言葉がいくらかっこよくても成果が出なければ、意味ないんです。無駄な努力になるのです。もちろん、デジタルトランスフォーメーションは、優れた考え方です。その延長、最終形態こそ、「ネットビジネス」です。ビジネスの一部をデジタル化して目的が達成するなら、それでも効果は出ます。

つまり言いたいのは、「なんのためにデジタルトランスフォーメーションをするのか?」をはっきりさせることです。お客さんの流れを変えるわけです。渋滞する道にバイパスを作るようなものです。作ったバイパスを通るメリットがないのでは、意味ないし、そもそも目的地に着かないようなバイパスは無意味なんです。

余談ですが、私の住んでいるところにそういう道があるんです。渋滞するからバイパスを作った。けど、バイパスが渋滞して、前より時間がかかるのです。従来の道を通るほうが早く着くのです。バイパスを作るときの交通量を測らなかったのか?それとも、予想を超える交通量になったのか?それはわかりませんが・・・・・・

目的をはっきりさせないと、計画を立てることも、効果を得ることも、できません。この点をしっかり考えたから、デジタルトランフォーメーションに取り組みましょう。これが、今リアルビジネスで困っていることを解決するヒントになる可能性も生まれます。

「今の状況をどうしたいのか?」これがデジタルトランスフォーメーションを考えているあなたへの最後の質問です。

中途半端なデジタル化はお客さんに迷惑になる

最後にまとめておきましょう。デジタルトランスフォーメーションとは、リアルビジネス(人と人の直接接触があるビジネス)をネットビジネス(人と人は間接的に接触する)に変えようということです。

「蝶」はよく、「変化」の象徴として使われます。芋虫の状態はコツコツ変化のために準備する段階です。このときに、「きれい」に思う人は多くないでしょう。誰にも見られない状態です。さなぎになり、じっと変化するために力を蓄えます。このときはもっと見る人はいなくなるでしょう。そして、羽化し、蝶になります。多くの人を魅了します。

芋虫がすべてさなぎにはなれません。鳥に食べられるかもしれません。さなぎがすべて蝶にはなりません。蟻に襲われるかもしれません。蝶になれるのは、ほんのわずかです。

あなたのビジネスはコロナ禍の今、誰にも見てもらえなくなりました。あなたがビジネスを継続することを望むなら、ここで変化をしなければいけません。その一つにデジタル化、つまり、デジタルトランスフォーメーションがあります。

デジタルトランスフォーメーションで重要なのは、今のビジネスの一部をデジタル化すればいいのか?根本的にネットビジネスに変えるのかということです。ここが最初の分岐点です。

リアルのセミナーをデジタルにするだけで、変化するならそれもありです。ホームページを持てば、変化するならそれもありです。まずは、デジタルトランスフォーメーションを施す目的をはっきりさせましょう。

今あなたのビジネスが芋虫なら、それはチャンスです。すべての芋虫が蝶になるわけではありません。限られたものだけが蝶になれます。ネットビジネスを最初から構築する私たちには当たり前の考え方です。蝶になるには・・・・・・あなたは何になりたいですか?きれいな蝶に変なしたいなら、コロナ禍でも儲けているいる人達の仲間入りしたいなら、「ようこそ、ネットビジネスの世界へ」

完全無料 目指せ!1000万円ネットビジネス構築

今からネットビジネスで起業しようと考えているあなたへ

知識ゼロ!経験ゼロ!資金ゼロ!それでも、ネットビジネスを始めたい方へ、

私たちMiMa-promotionの経験をまとめたこのテキストをお届します。
このテキストは、ネットビジネスを12ステップで解説しています。1ステップごと学び、実践するだけで、ネットビジネスが出来上がるという寸法です。

ですから、あちこちからネットビジネスのノウハウもテクニックも集める必要はないということです。

全80数ページのこの「目指せ!1000万円ネットビジネス構築」があなた起業のスタートラインに!

 

目指せ!1000千万ネットビジネス構築

2つのことに注意してください。1つ目は、このテキストによって得た成果はすべてあなたのものだということ。私たちがそれに対し、請求することはありません。
もう一つは、このテキストを手に入れるためにメールアドレスが必要です。ですが、記入していただいたメールに、メルマガの登録も、商品を売りつけることにも利用しません。